憧れの人気宿!和倉温泉でおすすめの人気旅館7選。

0

七尾湾を望む景勝地に広がる能登半島最大の温泉地「和倉温泉(石川県)」。開湯は約1200年前と歴史は古く、現在は、近代的な大型旅館や個性が光る名宿などが多く並ぶ能登の一大観光地となっています。今回は、おもてなしの心で知られる、和倉温泉でおすすめの人気旅館を7つ、ご紹介します。

1. 加賀屋

20140830-112-1-wakuraonsenphoto by 加賀屋

20140830-112-2-wakuraonsenphoto by 加賀屋

20140830-112-3-wakuraonsenphoto by 加賀屋

20140830-112-5-wakuraonsenphoto by 加賀屋

「第41回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で36年連続総合1位を獲得している、言わずと知れた和倉温泉の名宿「加賀屋」。小さな気配り、心配りを基本とした「加賀屋伝統のおもてなし」で、心より寛ぐことができます。料理は、加賀と能登の最高の食材を匠の技でつくる加賀屋伝統の味。温泉は、岩風呂にしつらえた開放感あふれる野天風呂や海に突き出た空中露天風呂など加賀屋ならではの湯情を愉しむことができます。

名称 加賀屋(かがや)
住所 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
電話 0767-62-1111
HP 加賀屋

 

加賀屋 宿泊プラン

20140830-112-1 『加賀屋』宿泊プラン(じゃらん) 『加賀屋』 宿泊プラン比較

 

2. 多田屋

20140830-112-6-wakuraonsenphoto by 多田屋

20140830-112-8-wakuraonsenphoto by 多田屋

20140830-112-9-wakuraonsenphoto by 多田屋

20140830-112-10-wakuraonsenphoto by 多田屋

創業明治18年。波穏やかな七尾湾と小高い山に囲まれた和倉温泉の隠れ家「多田屋」。部屋は大正ロマンをモチーフに、それぞれ趣きの異なる設え。七尾湾を一望できる自慢の露天風呂に浸かれば、海と一つになっているような感覚を覚えます。街の喧騒から離れ、潮騒と風の香りに包まれる安息のひと時を過ごすことができる名宿です。

名称 多田屋(ただや)
住所 石川県七尾市奥原町3-29
電話 0767-62-3434
HP 多田屋

 

多田屋 宿泊プラン

20140830-112-9 『多田屋』宿泊プラン(じゃらん) 『多田屋』 宿泊プラン比較

 

3. 大正ロマンの宿 渡月庵

20140830-112-11-wakuraonsenphoto by 渡月庵

20140830-112-12-wakuraonsenphoto by 渡月庵

20140830-112-13-wakuraonsenphoto by 渡月庵

20140830-112-14-wakuraonsenphoto by 渡月庵

大正四年建築の旅館を改築し、純和風数寄屋造りが生み出す美しい佇まいを残す「渡月庵」。11室ある客室は天井や欄間がすべて異なり、それぞれ違った風情を味わうことができます。温泉は、大浴場と露天風呂の他にも、岩盤浴付きの貸切風呂が人気。料理は甘エビやブリ、アワビなど能登半島の新鮮な海の幸を存分に堪能できます。

名称 大正ロマンの宿 渡月庵(とげつあん)
住所 石川県七尾市和倉町タ1番地
電話 0767-62-1788
HP 渡月庵

 

渡月庵 宿泊プラン

20140830-112-11 『渡月庵』宿泊プラン(じゃらん) 『渡月庵』 宿泊プラン比較

 

4. 十番館

20160603-721-1-wakuraonsenphoto by 十番館

20160603-721-2-wakuraonsenphoto by 十番館

20160603-721-3-wakuraonsenphoto by 十番館

20160603-721-4-wakuraonsenphoto by 十番館

海浜プール・シーサイドパークの前に建つ「十番館」。和倉温泉の中では比較的小規模でアットホームなお宿です。館内には、竹久夢二の木版画が多数飾られ、レトロな雰囲気に包まれています。客室は全22室、特に展望露天風呂付の和洋室がおススメです。温泉は、大浴場や貸切露天風呂でゆったりと和倉の湯を。自慢の料理は、能登で獲れた新鮮な魚介を、ボリューム満点のオリジナル料理で頂くことができます。

名称 十番館(じゅうばんかん)
住所 石川県七尾市和倉町6-6-5
電話 0767-62-1731
HP 十番館

 

十番館 宿泊プラン

20160603-721-1-wakuraonsen 『十番館』宿泊プラン(じゃらん) 『十番館』プラン比較
1 2
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!