地球上でたった一つの不思議な場所。世界最大の砂の島『フレーザー島』

0

フレーザー島(Fraser Island)

オーストラリア・ブリスベンから北へ約250キロに位置するフレーザー島。長さ約120km、幅は最大約30kmの世界で最も大きな砂の島で、世界自然遺産に登録されています。

20141023-167-8©flickr/Michael Dawes

20141023-167-30©flickr/Michael Dawes

砂の上に透明度の高い湖が点在し、熱帯雨林が生い茂る自然環境は、地球上でも他に類を見ない場所です。

20141023-167-29©flickr/Michael Dawes

20141023-167-40©flickr/IBI Productions

砂の上にできた美しい湖群

フレーザー島の大きな特徴といえば、砂の大地に点在する淡水湖。最大のマッケンジー湖をはじめ、砂丘に囲まれたワビー湖、ブーマンジン湖、アロム湖、などの湖が点在し、その数は40を超えます。

クリスタルのように澄んだ水をたたえる「マッケンジー湖(Lake Mackenzie)」。

20141023-167-17©wiki/Sensenmann

20141023-167-16©flickr/M Soli

砂丘に囲まれた「ワビー湖(Lake Wabby)」。

20141023-167-24©flickr/Storm

20141023-167-20©flickr/Fridy

美しい森林の中に佇む「アロム湖(Lake Allom)」。

20141023-167-19©flickr/Soft Relaunch

一部、赤茶色の水をたたえる「ブーマンジン湖(Lake Boomanjin)」。

20141023-167-18©flickr/RozSheffield

砂の高速道路「75マイルビーチ」

島の東海岸に、約100km以上にわたって伸びる75マイルビーチ。波打ち際を豪快に4WDで駆け抜けるフレーザー島観光の目玉の一つです。75マイルビーチ沿いには見どころが点在しています。

20141023-167-13©flickr/Madeleine_H

見どころの一つ。森から海へと流れる清流「イーライ・クリーク(Eli Creek)」。

20141023-167-32©flickr/maximebf

20141023-167-33©flickr/kagemusha110

砂の芸術作品「カシードラル(Cathedrals)」。赤、茶、黄、オレンジなど、何色もの層からなる砂の塔です。

20141023-167-31©flickr/Daniel Pietzsch

浜に打ち上げられた難破船「マヘノ号」

20141023-167-2©flickr/michael40001

野生生物の宝庫

島には多様な野生動物が生息しています。こちらは狼犬「ディンゴ」。見た目はカワイイですが、人を襲うこともあるそうなので不用意に近づくことは厳禁です。

20141023-167-10©flickr/Dean Browne

カンガルーの仲間「ポッサム」。

20141023-167-27©flickr/Michael Dawes

羽を広げると2mにもなる大きなタカ「ホワイトシーイーグル」。

20141023-167-5©flickr/Michael Dawes

島付近の海には、一年を通してイルカが生息しており、冬季になるとザトウクジラも近くまでやってきます。

20141023-167-9©flickr/Blue Dolphin Marine Tours

20141023-167-3©flickr/Michael Dawes

20141023-167-11©flickr/MasterMan

砂の大地に点在する淡水湖や熱帯雨林、美しい海に豊かな野生生物と、なんとも魅力的な「フレーザー島」。一度は訪れてみたいスポットですね。

Comments are closed.



あわせて読みたい!