春夏秋冬訪れたい日本の名所!朱塗りの海上神殿『嚴島神社』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第3弾として、四季を通じて美しい表情を見せる広島県の世界遺産「嚴島神社」をご紹介します。

嚴島神社(いつくしまじんじゃ)

20150126-264-7©flickr/theCarol

瀬戸内海に浮かぶ宮島は古来から信仰の対象とされてきました。その島の入り江に建てられた「嚴島神社」は、鮮やかな朱塗りの神殿が海にせり出し、海上神殿になっている世界でも珍しい神社です。平成8(1996)年には世界遺産に登録されています。

20150126-264-9©flickr/scarletgreen

20150126-264-12©flickr/Rmonty119

現在の優美な社殿は、平安時代末期に平清盛が建てたもので、背後に広がる山や瀬戸内海のグリーンとのコントラストはまるで竜宮城のようです。

20150126-264-19©flickr/Gerry Gelens

20150126-264-11©flickr/Marufish

本社拝殿から約200m沖に立つ朱丹の大鳥居は、潮の干満や時間帯でその表情を変える厳島のシンボルです。

20150126-264-16©flickr/Daniel Svensson

20150126-264-10©flickr/taffy9k

20150126-264-15©flickr/hirotomo

20150126-264-17©flickr/Rosino

嚴島神社の春夏秋冬の風景

【春】桜越しの朱の大鳥居。絵になりますね。

20150126-264-2©flickr/cyber0515

20150126-264-1©flickr/vfowler

【夏】毎年8月に開催される宮島水中花火大会。大鳥居や嚴島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせます。

20150126-264-13©flickr/miquitos

20150126-264-8©flickr/Sue Ann Simon

【秋】嚴島神社の末社「千畳閣」にある大銀杏。秋になると金色に輝きます。

20150126-264-4©flickr/urawa

20150126-264-3©flickr/Spiegel

【冬】真っ白な雪に朱の大鳥居が映えますね。

20150126-264-6©flickr/Matt Watts

MEMO

名称 嚴島神社(いつくしまじんじゃ)
住所 広島県廿日市市宮島町1-1
時間 6時30分~18時(冬期17時00分まで)
料金 大人300円、高校生200円、小・中学生100円
電話 0829-44-2020(嚴島神社)
HP 宮島観光公式HP

 

宮島(広島県)へ行くプランを探してみる

20150126-264-9 宮島(広島県)の宿を探す(じゃらん) 『宮島(広島県)の宿』プラン比較
20150126-264-16 宮島(広島県)へのツアーを探す(るるぶ) 『宮島(広島県)へのツアー』プラン比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!