春夏秋冬訪れたい日本の名所!五重塔が象徴的な京都の『東寺』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第11弾として、四季を通じて美しい表情を見せる京都の世界遺産「東寺」をご紹介します。

東寺(とうじ)

20150216-283-11©flickr/Slick Vic

京都駅からほど近く、日本で最も高い五重塔が象徴的な「東寺」。平安遷都の際に羅城門の東西に建立された官寺(国立の寺院)の一つで、弘仁14年(823)に空海が嵯峨天皇より賜り、真言密教の根本道場としました。

20150216-283-14©flickr/Johnson Wang

20150216-283-5©flickr/lets.book

建築物では、徳川家光が再建した「五重塔」、豊臣秀頼が再建した「金堂」、弘法大師在世時の住房「大師堂」や仏像、仏画など多くが国宝。1994年には世界遺産として登録されています。

20150216-283-9©flickr/tsaiid

20150216-283-17©flickr/C.J. Wang

20150216-283-10©flickr/NelC

創建からおよそ1200年、火災などで創建当時の建物は残っていませんが、伽藍の配置や規模は平安時代をそのまま残す平安京の遺構です。

20150216-283-22©flickr/Bahamutzero

20150216-283-8©flickr/tsaiid

東寺の春夏秋冬の風景

【春】境内には河津桜、ソメイヨシノ、ベニシダレザクラなど約200本の桜が植栽されています。夜にはライトアップも行われ、高さ13mのヤエベニシダレザクラ「不二桜」とライトアップされた五重塔の共演は一見の価値があります。

20150216-283-21©京都の桜写真

20150216-283-18©京都の桜写真

20150216-283-4©flickr/Ryosuke Yagi

【夏】東門近くの堀が蓮の葉と花に覆われます。

20150216-283-12©flickr/ORAZ Studio

20150216-283-2©flickr/nepolon

【秋】五重塔と紅葉が重なる景観は素晴らしく、境内の瓢箪池(ひょうたんいけ)に揺らめくモミジは京都らしい風情を感じます。

20150216-283-19©flickr/detsugu

20150216-283-20©flickr/Slick Vic

【冬】雪化粧した五重塔。冬の東寺も趣がありますね。

20150216-283-6©flickr/peter-rabbit

MEMO

名称 東寺(とうじ)
住所 京都府京都市南区九条町1
時間 8:30~17:30(閉門)、9月20日~3月19日は~16:30(閉門)
料金 境内自由(金堂・講堂拝観500円、宝物館500円※時期により異なる)
電話 075-691-3325
HP 東寺

 

京都へ行くプランを探してみる

20150216-283-18 京都の宿を探す(じゃらん) 『京都の宿』 プラン比較
20150216-283-11 京都へのツアーを探す(JTB) 『京都へのツアー』 比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!