春夏秋冬訪れたい日本の名所!奈良の大仏さんに会いに『東大寺』へ

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第13弾として、四季を通じて美しい表情を見せる奈良観光の超定番、世界遺産の「東大寺」をご紹介します。

東大寺(とうだいじ)

20150319-317-13©flickr/rivalee

8世紀中ごろ、聖武天皇が皇太子供養のために建立した華厳宗大本山。若草山の麓に大伽藍を有する巨刹で、奈良の大仏が鎮座する「大仏殿」があまりにも有名な奈良を代表する名所です。

20150319-317-15©flickr/EYLC

20150319-317-11©flickr/Ross Fowler

大仏殿に鎮座する「奈良の大仏(盧舎那大仏)」。像高約15m、大仏が座る蓮華座の直径は約18m、右手の掌は約2.5mもある世界最大の金銅仏で、その大きさは圧巻です。

20150319-317-23©flickr/FranekN

20150319-317-24©flickr/TANAKA Juuyoh

現在の大仏殿は江戸時代に再建されたものですが、こちらも現存する木造建築では世界最大規模を誇ります。

20150319-317-12©flickr/Pasha C

20150319-317-20©flickr/yasa_

大仏殿の内にある四角い穴があいた柱。穴は大仏の鼻の穴と同じ大きさで、くぐると無病息災のご利益があると言われています。

20150319-317-22©flickr/VivaoPictures

その他にも広大な境内には、南大門、鐘楼、二月堂、三月堂など、国宝を含む多くの歴史的建造物が点在し、じっくり見て回ると、一日かけても足りないほどです。

20150319-317-14©flickr/BWCK Gallery

20150319-317-17©flickr/yasa_

20150319-317-19©flickr/kosmosxipo

東大寺の春夏秋冬の風景

【春】大仏殿前や鏡池、二月堂、三月堂の周辺など、随所に桜の見所が点在しています。

20150319-317-10©flickr/Ross Fowler

20150319-317-9©flickr/Ian n Teresa

【夏】毎年7月~9月に開催される「ライトアッププロムナード・なら」。東大寺をはじめ、奈良公園一帯がライトアップされ、南大門や大仏殿が幻想的な光につつまれます。

20150319-317-3©flickr/Realmonkey

20150319-317-4©flickr/Realmonkey

【秋】鏡池の真っ赤なモミジや大仏池のイチョウの紅葉は見事です。

20150319-317-8©flickr/MShades

20150319-317-7©flickr/tfkt12

【冬】雪化粧した鏡池と大仏殿。この眺めもいいですね。

20150319-317-1©flickr/lensonjapan

MEMO

名称 東大寺(とうだいじ)
住所 奈良県奈良市雑司町406-1
時間 境内自由(大仏殿・法華堂・戒壇堂は時期により異なる)
料金 季節・建物により異なる
電話 0742-22-5511 (東大寺)
HP 東大寺

 

奈良県へ行くプランを探してみる

20150319-317-12 奈良県の宿を探す(じゃらん) 『奈良県の宿』プラン比較
20150319-317-24 奈良県へのツアーを探す(じゃらん) 『奈良県へのツアー』プラン比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!