春夏秋冬訪れたい日本の名所!大政奉還の舞台、京都の『二条城』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第15弾として、四季を通じて美しい表情を見せる京都の世界遺産「二条城」をご紹介します。

二条城(にじょうじょう)

20150309-304-19©flickr/Bryoz

Le château de Kyoto (Nijo-jo).©flickr/manumenal

徳川幕府における京都の拠点となった世界遺産「二条城」。慶長8年(1603)に京都御所の守護と将軍上洛時の宿泊場所として、徳川家康が現在の二の丸御殿の部分を造営し、徳川家光の時代に、伏見城の遺構を移すなどの大改修が行われ、現在のような規模となりました。

20150309-304-11©flickr/Ianz

20150309-304-20©flickr/Lau_chan

20150309-304-10©flickr/Ianz

広大な城内は、大政奉還の舞台になった「二の丸御殿(国宝)」、四季それぞれの花が美しい「二の丸庭園(特別名勝)」、京都御所の旧桂宮御殿を移した「本丸御殿(重要文化財)」などの見どころが多く、世界中から観光客が訪れています。

20150309-304-2©flickr/Kentaro Ohno

20150309-304-25©flickr/Takeshi KOUNO

20150309-304-24©flickr/petitshoo

二条城の春夏秋冬の風景

【春】ソメイヨシノやサトザクラ、八重シダレザクラなど約50種・400本の桜が咲き誇ります。見頃の時期には、ライトアップが行われ、幻想的な景観を楽しむことができます。

20150309-304-14©flickr/lucamascaro

20150309-304-5©flickr/Kyoto-Picture

【夏】京都の夏の新たな風物詩「京の七夕」。二条城のプロジェクトマッピングは見どころの一つです。

20150309-304-3©flickr/John Prince

20150309-304-6©flickr/John Prince

【秋】庭園が赤や黄色の紅葉で包み込まれる様子は見事です。

20150309-304-8©flickr/Ari Helminen

20150309-304-22©flickr/Ari Helminen

【冬】二の丸庭園の冬の風物詩「蘇鉄(ソテツ)の防寒養生」。毎年11月下旬~12月初旬頃に行われます。

20150309-304-26©flickr/mooljot

MEMO

名称 二条城(にじょうじょう)
住所 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
時間 8時45分~17時
料金 一般600円、中・高校生350円、小学生200円
電話 075-841-0096
HP 二条城

 

京都へ行くプランを探してみる

20150309-304-19 京都の宿を探す(じゃらん) 『京都の宿』 プラン比較
Le château de Kyoto (Nijo-jo). 京都へのツアーを探す(JTB) 『京都へのツアー』 比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!