1日400人しか滞在できない南の楽園!オーストラリアの世界遺産『ロードハウ島』

0

ロードハウ島(Lord Howe Island)

シドニーの北東約700km、ブリスベーンとニュージーランドの間に浮かぶ世界遺産「ロードハウ島」。南北約12km、幅は最大でも2.8kmほどの火山島で、島のほとんどの地域は海洋公園として保護され、亜熱帯の森が広がっています。

20150510-359-7©flickr/Roderick Eime

島には1日約400人しか滞在できないルールがあり、環境保護のため厳しく制限されています。

20150510-359-6©flickr/Tracey & Doug

20150510-359-9©flickr/sydneydawg2006

透き通るような青い海、手付かずの真っ白なビーチも魅力です。

20150510-359-14©Capella Lodge

20150510-359-16©Capella Lodge

20150510-359-8©flickr/Tracey & Doug

世界最南端のサンゴ礁

ロードハウ島の海は珊瑚礁が生育する最南端とされ、珊瑚から藻へと変化する境界線として興味深い地域でもあります。

20150510-359-5©flickr/patchtok

周辺にはダイビングスポットも多く、色鮮やかなサンゴ礁や多様な海洋生物に会うことができます。

20150510-359-15©Capella Lodge

オーストラリアのガラパゴス

太古の昔から絶海の孤島であるため、古代の珍しい化石が数多く発見されています。また、ヤンバルクイナの仲間であるロードハウ・クイナをはじめ、絶滅に瀕した種を含む168種の鳥が生息するなど、オーストラリアのガラパゴスとも呼ばれています。

20150510-359-1©wiki/Glen Fergus

Old Gulch Lord Howe island©flickr/Robert Whyte

植物もこの島に自生している241種のうち105種は島固有のもので、まさに大自然の宝庫です。

20150510-359-2©flickr/Pia Waugh

20150510-359-3©flickr/Pia Waugh

世界遺産で過ごす贅沢

ロードハウ島にはいくつか滞在施設がありますが、その中でも「カペラ ロッジ」がおススメです。

20150510-359-13©Capella Lodge

島でも特に眺望の良い場所に建てられたリゾートで、ゲストは1日9組限定。客室は全室スイート仕様で、ロードハウ島の美しい山と海の景色を眺めることができます。

20150510-359-17©Capella Lodge

20150510-359-21©Capella Lodge

世界遺産で過ごす贅沢な休日を、世界屈指の「カペラ ロッジ」で過ごしてみてはいかがでしょうか?

名称 カペラ ロッジ(Capella Lodge)
住所 Lagoon Road, Lord Howe Island 2898, Australia
HP Capella Lodge

Comments are closed.



あわせて読みたい!