桜色に染まる京都の春!京都で行きたい桜の名所25選【第1弾】

0

宗忠神社

20150216-285-14©京都の桜写真

1862年創建、黒住教の教祖・黒住宗忠を祀る神社です。春になると本殿に向かう長い石段にはソメイヨシノが何本も連なり桜のトンネルを作り出します。隠れた桜の名所として、風情ある京都の春を満喫することができます。

名称 宗忠神社(むねただじんじゃ)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市左京区吉田下大路町63
時間 境内自由
料金 拝観無料

 

二条城

20150216-285-16©京都の桜写真

徳川家康が京都御所の守護と上洛の際の宿泊所として慶長8年(1603年)に築城し、二の丸御殿は国宝、二の丸庭園は特別名勝に指定されており、世界遺産にも登録されています。春になると城内にはソメイヨシノやサトザクラ、八重シダレザクラなど約50種・400本の桜が咲き誇ります。見頃の時期には、桜と庭園がライトアップされ、幻想的な景観を楽しむことができます。

名称 二条城(にじょうじょう)
見頃 例年3月下旬~4月下旬
住所 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
時間 8時45分~17時(最終受付:16時) / 夜間開園時間:18時~21時30分(入城受付は21時まで)
料金 大人:600円、中・高校生:350円、小学生:200円 / (ライトアップ時)大人:400円、小・中・高校生:200円

 

清水寺

20150216-285-18©京都の桜写真

世界文化遺産の清水寺は京都屈指の桜の名所としても知られています。満開時には約1000本のソメイヨシノやヤマザクラが一斉に咲き誇り、「清水の舞台」から見下ろす満開の桜は絶景です。例年3月下旬~4月上旬にかけてライトアップが行われ、夜には幻想的な景観を楽しむことができます。

名称 清水寺(きよみずでら)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府京都市東山区清水1-294
時間 6時~18時(季節により変動あり)
料金 大人:300円、小・中学生:200円 / (夜間)大人:400円、小・中学生:200円

 

知恩院

20150216-285-20©京都の桜写真

法然上人を開祖とする浄土宗の総本山。広大な境内には約250本の桜があり、友禅苑のシダレザクラ「美幸」、三門の左右に咲く巨大なソメイヨシノ、方丈庭園の桜など、境内の至る所で見事な桜が楽しめます。夜には期間限定でライトアップも行われ、夜桜も楽しむことができます。

名称 知恩院(ちおんいん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府京都市東山区林下町400
時間 9時~16時30分(最終受付:16時)
料金 拝観無料

 

東寺

20160206-639-1-2©flickr/Wei Hao Tsai

京都駅からほど近く、日本で最も高い五重塔を持つ寺院で世界文化遺産にも登録されています。境内には河津桜からソメイヨシノ、ベニシダレザクラなど約200本の桜があり、春の開花時期には多くの人で賑わいます。夜にはライトアップも行われ、高さ13mのヤエベニシダレザクラ「不二桜」とライトアップされた五重塔の共演は一見の価値があります。

名称 東寺(とうじ)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府京都市南区九条町1
時間 (開門)5時~17時30分 / (拝観)8時30分~17時30分
料金 (夜桜ライトアップ)高校生以上:500円、中学生以下:300円

 

仁和寺・御室桜

20150216-285-24©flickr/Naoki Ishii

仁和4年(888年)、宇多天皇創建による門跡寺院で、広大な敷地には朱塗りの中門や五重塔など多数の国宝や重要文化財が並びます。中門奥には京都市内一、遅咲きで知られる御室桜(オムロザクラ)が約200本植えられています。樹高は約2mと低く、色濃い大ぶりの花弁が特徴で国の名勝に指定されています。

名称 仁和寺・御室桜(にんなじ・おむろざくら)
見頃 例年4月中旬
住所 京都府京都市右京区御室大内
時間 (拝観時間)8時30~17時 / (御殿)9時~17時(最終受付:16時30分)
料金 境内拝観自由(桜まつり期間中は500円) / (御殿)大人:500円、小・中学生:300円
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!