桜色に染まる京都の春!京都で行きたい桜の名所25選【第2弾】

0

金戒光明寺

20150216-285-13©京都の桜写真

浄土宗の大本山の1つで法然上人ゆかりのお寺です。幕末には京都守護職である会津藩本陣が置かれた場所しても知られています。春になると広大な境内全体が桜に彩られ、高麗門から山門へ続く桜並木や御影堂へ続く参道の桜などを楽しむことができます。

名称 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府京都市左京区黒谷121
時間 9時~16時
料金 拝観無料

 

鞍馬寺

20150216-285-15©京都の桜写真

源義経(牛若丸)や与謝野晶子ゆかりの寺として知られ、国宝の毘沙門天三尊像をはじめ貴重な宝物を多く所蔵しています。鞍馬山に咲く桜は雲珠桜(うずざくら)と呼ばれ、花景色が馬の鞍飾り「雲珠」に似ていることに由来します。春になると本殿や仁王門前の桜、多宝塔両脇のシダレザクラなど多くの桜が咲き誇り、多くの花見客で賑わいを見せます。

名称 鞍馬寺(くらまでら)
見頃 例年4月上旬~4月下旬
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
時間 9時~16時30分
料金 高校生以上:200円

 

円山公園

20150216-285-17©京都の桜写真

京都市内最古の公園で、「祇園の夜桜」で知られる大きなシダレザクラが有名です。夜桜の名所としても人気のスポットで、ライトアップされた「祇園の夜桜」を求めて園内は多くの花見客で賑わいます。

名称 円山公園(まるやまこうえん)
見頃 例年3月中旬~4月中旬
住所 京都府京都市東山区円山町他
時間 散策自由

 

高台寺

20150216-285-19©photolibrary.jp

北政所ねねが秀吉の没後に建立した寺で「ねねの寺」として知られています。丈前庭にある大きなシダレザクラは見事で白砂に桜色が良く映えます。開花時期には趣向を凝らしたライトアップが毎年行われ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

名称 高台寺(こうだいじ)
見頃 例年3月下旬~4月中旬
住所 京都府京都市東山区下河原町526
時間 9時~17時30分(最終受付:17時)
料金 大人:600円、中・高校生:250円

 

祇園新橋・白川

20150216-285-21©sozai-free.com

祇園新橋は石畳に格子戸のお茶屋が並ぶ風情ある街並みで、伝統的建造物群保存地区に指定されています。春になると白川沿いの遊歩道には、シダレザクラやソメイヨシノが咲き誇り、京情緒あふれる祇園の街並みに春の彩りを添えます。毎年3月下旬~4月上旬にはライトアップも行われ、夜桜を眺めながら散策を楽しむことができます。

名称 祇園新橋・白川(ぎおんしんばし・しらかわ)
見頃  例年3月下旬~4月上旬
住所  京都府京都市東山区末吉町大和大路四条上ル

 

六孫王神社

20150216-285-23©京都の桜写真

清和天皇の第六皇子貞純親王の子であり、天皇の孫であることから「六孫王」と呼ばれた源経基をご祭神とする神社です。春は境内全体に桜が賑やかに咲き競い、本殿までの参道にはソメイヨシノやシダレザクラなどの桜のトンネルが訪れる人を迎えてくれます。黄緑色の花をつける珍しい八重桜「御衣黄桜(ぎょいこう)」を見ることもできます。

名称 六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)
見頃 例年3月下旬~4月下旬
住所 京都府京都市南区壬生通八条角
時間 境内自由
料金 拝観無料
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!