桜色に染まる京都の春!京都で行きたい桜の名所25選【第2弾】

0

嵐山 渡月橋

20150216-285-25©京都の桜写真

四季を通じて花々が楽しめる京都を代表する景勝地で、春になると渡月橋一体はヤマザクラ、ソメイヨシノなど約1500本の桜で覆われます。満開時には渡月橋越しに見渡す山々も桜色に染まり大変見事です。夜にはライトアップも行なわれ、夜桜の名所としても知られています。

名称 嵐山 渡月橋(あらしやま とげつきょう)
見頃 例年3月中旬~4月上旬
住所 京都府京都市右京区嵯峨中之島町

 

天龍寺

20150216-285-27©京都の桜写真

京都五山筆頭の禅宗寺院で、境内には日本で初めて国の史跡・特別名勝に指定された曹源池庭園などがあり、世界文化遺産にも登録されています。春になるとヤマザクラ、 シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラが咲き誇ります。特に後醍醐天皇をお祀している多宝殿前のシダレザクラは大変見事です。

名称 天龍寺(てんりゅうじ)
見頃 例年3月下旬~4月中旬
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
時間 8時30分~17時30分
料金 (庭園参拝料)大人:500円、小・中学生:300円 (諸堂参拝は100円追加)

 

常寂光寺

20150216-285-29©京都の桜写真

小倉山の中腹に位置する古刹で常寂光土の風情があることからその名が付けられたと言われています。桜の名所としても知られ、コケに覆われた境内の緑とヤマザクラのコントラストが大変見事です。静かな山寺で喧騒から離れてゆっくりと桜を愛でることができるスポットです。

名称 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
時間 9時~17時(最終受付:16時30分)
料金 大人:400円、子供:200円

 

二尊院

20150216-285-31©photolibrary.jp

承和年間(834~48年)に嵯峨天皇が慈覚大師を開祖に建立し、本堂に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀ることから二尊院と呼ばれています。春になると総門から続く表参道は美しい桜並木が現れ、見事なシダレザクラが本堂を彩ります。境内にある二尊院普賢象桜は1つの花に約130枚の花弁があるここだけでしか見られない珍しい桜で、一見の価値があります。

名称 二尊院(にそんいん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
時間 9時~16時30分
料金 大人:500円

 

妙心寺 退蔵院

20150216-285-33©京都の桜写真

応永11年(1404年)創建、国宝の「瓢鮎図」で知られる古刹です。桜の名所として知られ、名庭「余香苑」にあるシダレザクラが白砂に枝垂れる姿が見事です。満開の時期にはライトアップも行われ、夜空に浮かび上がる幻想的な姿も楽しむことができます。

名称 妙心寺 退蔵院(みょうしんじ たいぞういん)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市右京区花園妙心寺町35
時間 9時~17時
料金 大人:500円、小・中学生:300円 / (18時~21時)大人(中学生以上) 800円

 

墨染寺

20150216-285-35©京都の桜写真

豊臣秀吉により再興された歴史あるお寺です。数は少ないが10本程の桜が密度濃く、見事に咲き誇る様子から「桜寺」と称されています。平安時代に藤原基経の死を悼み、上野峯雄が「深草の野辺の桜の心あれば 今年ばかりは墨染に咲け」と歌を詠み、薄墨色になったと言われる「墨染桜」が有名です。

名称 墨染寺(ぼくせんじ)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市伏見区墨染町741
時間 7時~19時
料金 拝観無料
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!