桜色に染まる京都の春!京都で行きたい桜の名所25選【第2弾】

0

毘沙門堂

20150216-285-37©京都の桜写真

天台宗の門跡寺院であり、本尊に京都七福神の1つである毘沙門天を祀ることから「毘沙門堂」と呼ばれています。春には宸殿前に枝を広げる樹齢150年を超えるシダレザクラが見事に咲き誇ります。

名称 毘沙門堂(びしゃもんどう)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
時間 8時30分~17時(最終受付:16時30分)
料金 大人:500円、高校生:400円、小・中学生:300円

 

山科疏水

20150216-285-39©京都の桜写真

琵琶湖から京都へ流れる琵琶湖疎水の一部で両岸にはソメイヨシノやヤマザクラ植えられ、春になると見事な桜並木を作り上げます。桜開花の時期には菜の花も見頃を迎え、桜色と黄色の美しい花の競演を眺めながら散策を楽しむことができます。

名称 山科疏水(やましなそすい)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市山科区御陵

 

善峯寺

20150216-285-41©京都の桜写真

長元2年(1029年)原算上人により創建され、その後、応仁の乱で焦土と化したが、徳川綱吉の生母・桂昌院により再建されました。境内では、桂昌院がこの寺を復興したときに植えたと伝わる、樹齢300年を誇るお手植えのシダレサクラを見ることができます。満開時には500本の桜が境内全体を桜色に染め上げます。

名称 善峯寺(よしみねでら)
見頃 例年4月上旬~4月中旬
住所 京都府京都市西京区大原野小塩町1372
時間 8時~17時
料金 大人:500円、高校生:300円、小・中学生:200円

 

宇治橋上流

20150216-285-43©photolibrary.jp

宇治橋から上流までの両岸には約2000本の桜が立ち並び、お花見の人気スポットとなっています。毎年4月第1土・日曜日に宇治公園中の島で「宇治川さくらまつり」が開催され、多くの花見客で賑わいを見せます。

名称 宇治橋上流(うじばしじょうりゅう)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 京都府宇治市宇治塔川

 

和らぎの道

20150216-285-45©flickr/Kyoto-Picture

七谷川周辺には約1kmにわたって桜並木が続き、ソメイヨシノやシダレザクラなど約1500本が咲き揃います。日没後には開花の時期に合わせてライトアップが実施され、夜桜も楽しむことができます。

名称  和らぎの道(やわらぎのみち)
見頃  例年3月下旬~4月中旬
住所  京都府亀岡市千歳町国分

 

淀川河川公園背割堤地区

20150216-285-47

宇治川と木津川に挟まれた堤は約1.4kmの桜並木が続くお花見スポットです。芝生の広場や展望所があり、開花時期には多くの花見客で賑わいを見せます。

名称 淀川河川公園背割堤地区(よどがわかせんこうえんせわりていちく)
見頃 例年4月上旬
住所 京都府八幡市八幡在応寺先
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!