花巻観光で絶対おすすめしたい30選。花巻の魅力を徹底ガイド!

0

岩手県のほぼ中央に位置する花巻市。宮沢賢治の生誕の地として知られ、賢治の足跡をたどることができる施設が点在しています。また、西に奥羽山脈、東には北上高地の山並みが連なる雄大な自然、東北有数の温泉地・花巻温泉郷、500年以上の歴史を誇る伝統芸能・早池峰神楽など、たくさんの魅力が詰まった街です。そこで今回は、花巻市の定番から穴場までの観光スポットや季節のイベント、現地で食べたいご当地グルメなどをご案内しながら、岩手県花巻市の魅力をご紹介します。

定番から穴場まで!花巻の観光スポット22選

1. 宮沢賢治記念館

20160419-684-19-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

宮沢賢治が「経理ムべキ山」の一つにあげていた胡四王山の中腹にある「宮沢賢治記念館」。館内展示はスクリーン映像や関係資料が「科学」「芸術」「宙(そら)」「祈」「農」の5分野に分類され、詩人・科学者・教育者として多彩な活動をした賢治を感じることができます。

20160419-684-20-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

名称 宮沢賢治記念館
住所 岩手県花巻市矢沢1-1-36
電話 0198-31-2319
営業時間 8時30分~17時(入館は16時30分まで)
料金 大人:350円、大・高校生:250円、小・中学生:150円
定休日 12月28日~1月1日
HP 宮沢賢治記念館
アクセス 新花巻駅より車で約15分/花巻空港ICより車で約10分
地図 Googleマップ

 

2. 早池峰と賢治の展示館

20160419-684-10-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

早池峰に関わる賢治作品の紹介や賢治の常宿・石川旅館の再現展示、風の又三郎の舞台・猫山のモリブデン鉱石などを展示しています。展示館は旧稗貫郡役所を復元したもので、宮沢賢治の童話「猫の事務所」のモデルとも言われています。

20160419-684-11-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

名称 早池峰と賢治の展示館
住所 岩手県花巻市大迫町大迫3-161 大迫交流活性化センター敷地内
電話 0198-48-3231
営業時間 9時~16時30分
料金 入館無料
定休日 12月29日~1月3日
アクセス 花巻ICから車で約30分/新花巻駅から車で約20分
地図 Googleマップ

 

3. 未来都市銀河地球鉄道の壁画

20160419-684-3-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

花巻駅北側の壁には宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」を題材にした、高さ10m延長80mの壁画があります。夜になると特殊塗料で描かれた絵が幻想的に浮かび上がります。

名称 未来都市銀河地球鉄道の壁画
住所 岩手県花巻市愛宕町 花巻駅北側
電話 0198-24-2111
時間 ライトアップ:(5月~9月)19時30分~22時/(10月~4月)18時~22時
アクセス 花巻駅より徒歩2分/花巻南ICより車で約10分
地図 Googleマップ

 

4. イギリス海岸

20160419-684-34-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

宮沢賢治が「イギリスあたりの白亜の海岸を歩いているような気がする」と評した場所で、北上川と猿ヶ石川の合流付近にイギリスの白亜の海岸を連想させる凝灰質の泥岩が川を沿って露出していることから、その名が付けられました。

20160419-684-35-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

名称 イギリス海岸
住所 岩手県花巻市上小舟渡
アクセス 新花巻駅より車で約15分/花巻空港ICより車で約10分
地図 Googleマップ

 

5. 大迫郷土文化保存伝承館

20160419-684-7-hanamaki-kankophoto by 岩手県観光協会

大迫町には早池峰岳神楽をはじめとする民俗芸能の資料が数多く伝えられています。大迫郷土文化保存伝承館には神楽の衣装や道具などが展示されており、館内は神楽の練習場にもなっています。

20160419-684-6-hanamaki-kankophoto by 花巻市

名称 大迫郷土文化保存伝承館
住所 岩手県花巻市大迫町内川目第1地割2番地
電話 0198-48-5864
営業時間 (5月~10月)9時30分~16時
料金 大人:210円、高校・中学生:100円、小学生:50円
定休日 月曜日
HP 花巻観光協会
アクセス 新花巻駅より車で約50分/花巻空港ICより車で約60分
地図 Googleマップ

 

6. 高村山荘・高村記念館

20160419-684-15-hanamaki-kankophoto by 花巻観光協会

高村光太郎が花巻で7年間を過ごした山荘で、詩集「典型」の舞台となったところです。内部は光太郎が生活していた当時のままに保存されています。隣接する高村記念館には、光太郎の遺品、彫刻、スケッチ、智恵子の切り絵など130点余りが展示されています。

20160419-684-14-hanamaki-kankophoto by 花巻観光協会

名称 高村山荘・高村記念館
住所 岩手県花巻市太田3-85-1
電話 0198-28-3012
営業時間 8時30分~16時30分
料金 大人:350円、高校生:250円、小・中学生:150円
定休日 12月28日~1月3日
HP  高村山荘
アクセス 花巻駅より車で約25分/花巻南ICより車で約20分
地図 Googleマップ
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!