塩釜観光で絶対おすすめしたい20選。塩釜の魅力を徹底ガイド!

0

宮城県のほぼ中央、仙台市と日本三景・松島の中間に位置する塩竈市。「生マグロ水揚量日本一」に代表される日本有数の港町であり、東北を鎮護する陸奥国一之宮「鹽竈神社」の門前町として、独特の歴史や文化を育んできた魅力ある街。そこで今回は、塩竈市の定番から穴場までの観光スポットや季節のイベント、特産品などをご案内しながら、宮城県塩竈市の魅力をご紹介します。

定番から穴場まで!塩釜の観光スポット13選

1. 鹽竈神社

20160527-713-5-shiogama-kankophoto by 宮城県

東北を鎮護する陸奥国一之宮として、1200年以上の歴史を誇る鹽竈神社。古くから大漁祈願、海上安全、安産の神として信仰を集め、「しおがまさま」の名で親しまれています。現在の社殿は、9年の歳月をかけて宝永元年(1704)に建造されたもので、国の重要文化財に指定されています。境内からは、松島湾を一望でき、その景色はまさに絶景です。

20160527-713-6-shiogama-kankophoto by 宮城県

名称 鹽竈神社(しおがまじんじゃ)
住所 宮城県塩竈市一森山1-1
電話 022-367-1611
営業時間 5時~20時
料金 拝観無料
アクセス 本塩釜駅より徒歩約10分/仙台港北ICより車で約10分
HP 志波彦神社・鹽竈神社
地図 Googleマップ

 

2. 天然記念物の鹽竈桜

20160527-713-9-shiogama-kankophoto by 宮城県

鹽竈神社の境内には、天然記念物に指定されている鹽竈桜27本をはじめ、ソメイヨシノや八重咲きのシダレザクラなどが植栽され、春になると見事な花を咲かせます。見頃の時期にはライトアップも行われ、多くの花見客で賑わいます。

20160527-713-10-shiogama-kankophoto by 宮城県

名称 天然記念物の鹽竈桜(しおがまざくら)
住所 宮城県塩竈市一森山1-1
電話 022-367-1611
営業時間 5時~20時
アクセス 本塩釜駅より徒歩約10分/仙台港北ICより車で約10分
地図 Googleマップ

 

3. 志波彦神社

20160527-713-14-shiogama-kankophoto by wikipedia

鹽竈神社の境内に鎮座する志波彦神社。もとは、仙台市宮城野区岩切に鎮座していましたが、明治7年(1874)鹽竈神社の境内へ移されました。志波彦神社は鹽竃の神に協力された神と伝えられ、 国土開発・産業振興・農耕守護の神として信仰されています。

名称 志波彦神社(しわひこじんじゃ)
住所 宮城県塩竈市一森山1-1
電話 022-367-1611
営業時間 5時~20時
料金 拝観無料
アクセス 本塩釜駅より徒歩約10分/仙台港北ICより車で約10分
HP 志波彦神社・鹽竈神社
地図 Googleマップ

 

4. 鹽竈神社博物館

20160527-713-3-shiogama-kankophoto by 宮城県

国の重要文化財に指定されている社宝の太刀など、鹽竈神社の歴史を伝える宝物類を中心に収集・保存しています。1階では、武具甲冑、神輿、絵画、古文書などを公開、2階では、祭神縁の塩業・漁業関係の資料が展示されています。

20160527-713-4-shiogama-kankophoto by 文化の港シオーモ

名称 鹽竈神社博物館
住所 宮城県塩竈市一森山1-1
電話 022-367-1611
営業時間 4月~9月(8時30分~17時)、12月~1月(8時30~16時)、10月・11月・2月・3月(8時30分~16時30分)
料金 一般:200円、中・高校生:150円、小学生:80円
定休日 年中無休
アクセス 本塩釜駅より徒歩約10分/仙台港北ICより車で約10分
HP 鹽竈神社博物館
地図 Googleマップ

 

5. 御釜神社

20160527-713-15-shiogama-kankophoto by wikipedia

鹽竈神社の末社の一つで、製塩方法を教えたと伝わる鹽土老翁神を祀り、古く御祭神が製塩に用いたと云われる四口の大鉄釜が奉安されています。毎年7月4日~6日には、古代の製塩法で海水から塩を作る藻塩焼神事(もしおやきしんじ)と呼ばれる行事が行われます。

20160527-713-32-shiogama-kankophoto by wikipedia

名称 御釜神社
住所 宮城県塩竈市本町6-1
電話 022-367-1611 (鹽竈神社)
料金 拝観無料(神釜拝観料は100円)
アクセス 本塩釜駅より徒歩約10分/仙台港北ICより車で約10分
地図 Googleマップ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!