絶対おすすめ!道後温泉で人気のお土産ランキングTOP12

0

8. 玉泉堂本舗 「温泉煎餅」

20160706-763-9-dogoonsen-omiyagephoto by iyokannet.jp

明治15年創業の玉泉堂本舗が扱う商品は「温泉煎餅」と「潮煎餅」の2種類のみ。創業以来変わらぬ製法で作られる煎餅は、正岡子規も愛したと言われています。すべて職人の手作りで数量限定のため、販売は完全予約制。人気が高く、1~2ヶ月前の予約が必須になっています。道後温泉を訪れる際は、プレミアム感たっぷり温泉煎餅を購入してみてはいかがですか?

取扱店 玉泉堂本舗 愛媛県松山市道後湯之町12-31
電話 089-921-2528
営業時間 10:00~18:00(商品無くなり次第、終了) 日曜祝日定休
商品 温泉煎餅:(税込)2,160円(50枚入・缶入り)

 

7. 一六本舗 「坂の上の雲」

20160706-763-11-dogoonsen-omiyagephoto by facebook/ichirokuhonpo

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」のイメージに合わせて作られたお饅頭で、空にぽっかり浮かんだカワイイ雲の形をしています。愛媛特産の伊予柑とミルクを贅沢に使った餡を、しっとり優しい味わいの生地で包み込んだ洋風のお饅頭で、口当たり爽やかなお菓子に仕上がっています。司馬遼太郎記念財団の認定商品で、坂の上の雲ミュージアムでも購入することができます。

取扱店 (道後店)愛媛県松山市道後湯之町20-15、 (道後本館前店)愛媛県松山市道後湯之町20-17、一六本舗各店、坂の上の雲ミュージアムほか
電話 (道後店)089-943-0016 (道後本館前店)089-921-2116
営業時間 (道後店)7:30~22:00、 (道後本館前店)8:30~22:00
商品 坂の上の雲: (税込)108円(1個)、(税込)777円(6個入)、(税込)1,296円(10個入)
HP 一六本舗 

 

6. 谷本蒲鉾 「昔造りじゃこ天」

20160706-763-15-dogoonsen-omiyage 20160706-763-16-dogoonsen-omiyage

photo by tanimotokamabokoten.com

じゃこ天は愛媛県宇和島地方に伝わる郷土料理で、愛媛近海で獲れた小魚を骨ごとすり身にして油で揚げたもの。大正5年創業の谷本蒲鉾は、新鮮な生魚を原料に「古代塩・海人の藻塩」を使用したこだわりの蒲鉾作りを続ける老舗店。昔ながらの製法で作られた「昔造りじゃこ天」は、ジャリジャリとした食感と魚の旨味が楽しめます。カルシウムやミネラルなど栄養満点のじゃこ天は、そのまま食べても美味しいですが、炙るとより一層美味しくいただけますよ。

取扱店 (道後店)愛媛県松山市道後湯之町20、JR松山駅キヨスク、松山空港売店、谷本蒲鉾各店舗ほか
電話 (道後店)089-933-3032
商品 昔造りじゃこ天:(税込)810円(5枚入)
HP 谷本蒲鉾 

 

5. ポエム 「母恵夢(ぽえむ)」

20160706-763-17-dogoonsen-omiyagephoto by poeme.co.jp

1964年に生まれた「母恵夢(ぽえむ)」は発売以来、県内外で愛されてきた瀬戸内銘菓。地元愛媛では古くから贈答品やお土産としてお馴染みです。卵黄を加えた白餡を、フレッシュバターたっぷりのしっとりとした生地で包み込んだお菓子です。小さいサイズの「ベビー母恵夢(ぽえむ)」もあります。

取扱店 (道後湯之町店)愛媛県松山市道後湯之町14-27、JR松山駅キヨスク、松山空港売店、ポエム各店舗ほか
電話 (道後湯之町店)089-921-3778
営業時間 (道後湯之町店)9:00~21:00
商品 母恵夢(ぽえむ): (税込)681円(6個袋入)、(税込)1,080円(9個箱入)
HP ポエム

 

4. ハタダ 「奥伊予和栗ロール」

20160706-763-21-dogoonsen-omiyagephoto by hatada.co.jp

和栗の名産地として知られる西予市城川町の「奥伊予和栗」のみを使用した贅沢な栗のロールケーキ。栗そのものの美味しさを味わえるように、粗挽きで仕上げた栗きんとんを純生クリームで包み、フワフワのスポンジ生地で巻き上げています。栗の形をした栗きんとんがキュートなロールケーキで、生クリームと栗きんとんのバランスが絶妙です。プレーンとチョコの2種類のフレーバーがあります。

取扱店 (樽味店)愛媛県松山市樽味2丁目15-1、ハタダ各店舗ほか
電話 089-915-3535
営業時間 8:30~19:00
商品 奥伊予和栗ロール:(税込)1,620円
HP ハタダ 
1 2 3
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!