絶対おすすめ!和倉温泉で人気のお土産ランキングTOP10

0

石川県能登半島に位置する「和倉温泉」は、開湯1200年の歴史を誇る石川県を代表する人気の温泉地。プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で連続1位に輝く老舗高級旅館「加賀屋」をはじめ、レベルの高い温泉旅館やホテルを数多く抱えています。年間を通して多くの温泉客が訪れる和倉温泉には、地元の素材を生かした定番菓子や人気のスイーツなど、個性的なお土産が揃っています。そこで今回は、和倉温泉でおすすめの人気お土産をランキング形式で10個、ご紹介します。

10. みそまんじゅう本舗 竹内 「みそまんじゅう」

20160909-815-19-wakuraonsen-omiyagephoto by misoman.com

竹内の「みそまんじゅう」は、味噌を練り込んだ生地で特製の白餡を包んだ自慢の饅頭。北海道産白いんげん豆を100%使用した白あんは、熟練の職人が気候や天気によって火力・水分調節を行い、丁寧に炊いたこだわりの自家製餡。豆の風味がしっかりと味わえる白あんと、ほんのり味噌味の饅頭生地のバランスが絶妙と評判のみそまんじゅうです。

取扱店 竹内 和倉店、JR和倉駅・七尾駅キヨスク売店、道の駅 能登食祭市場
商品 みそまんじゅう:(税込)750円(5個入)、(税込)1,500円(10個入)、(税込)2,150円(15個入)
HP みそまんじゅう本舗 竹内

 

9. 柚餅子総本家中浦屋 「丸ゆべし」

20160909-815-17-wakuraonsen-omiyagephoto by yubeshi.jp

「柚餅子総本家中浦屋」は、石川県輪島市にある明治43年創業の老舗和菓子店。奥能登の銘菓として知られる「丸ゆべし」は、ゆずをそのまま使った和菓子です。ゆずの中身をくり抜き、秘伝の味付けをしたもち米を入れ、数回蒸した後に、半年間自然乾燥させて作られます。時間と手間を掛けた昔ながらの製法で作られた至極の逸品。そのまま食べてももちろん美味しいですが、お吸い物やサラダ、チーズなど様々な料理にも相性抜群です。

取扱店 和倉温泉旅館・ホテル売店、道の駅 能登食祭市場ほか
商品 丸ゆべし:(税込)1,944円(中・1個)、(税込)3,888円(中・2個)
HP 柚餅子総本家中浦屋 

 

8. 中島アグリサービス松田武 「中島菜手延うどん」

20160909-815-15-wakuraonsen-omiyage 20160909-815-16-wakuraonsen-omiyage

photo by shokusai.co.jp

中島菜とは、ほんのりとした苦味と辛味が特徴の能登の伝統野菜の1つです。近年、血圧を抑制する成分「ペプチド」が多く含まれていることが確認され、注目されている健康野菜です。「中島菜手延うどん」は、中島菜の粉末を生地に練り込んだ手延べうどんで、喉越しが良く、ツルツルとした食感が特徴。特に、健康志向の方におススメです。

取扱店 道の駅 能登食祭市場、和倉温泉旅館・ホテル売店ほか
商品 中島菜手延うどん:(税込)540円(2人前)

 

7. ヤマト 「いしり」

20160909-815-14-wakuraonsen-omiyage 20160909-815-13-wakuraonsen-omiyage

photo by noto-yamato.co.jp

「いしり」は、日本三大魚醤の1つに数えられる奥能登地方の調味料です。「ヤマト」では、地元・石川県能登産の新鮮な魚を使用したいしりを製造しています。旨味成分が大豆醤油の2倍と言われている「いしり」。刺身や煮物の隠し味など、素材や料理の美味しさを引き立てる万能調味料です。

取扱店 和倉温泉旅館・ホテル売店、能登食祭市場ほか
商品 いしり:(税込)各540円(いしり、三年熟成いしり100ml)
HP ヤマト
1 2 3
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!