一関観光で絶対おすすめしたい30選。一関の魅力を徹底ガイド!

0

12. 観福寺

photo by 岩手県南広域振興局

建久2年(1191)、工藤祐経の嫡男・犬房丸が寺を建立、円長法印を迎えて開山したといわれています。観音堂へ登る石段は、橋状となっており、東北地方では大変珍しい造りとなっています。平泉を脱出した義経主従がこの寺に投宿し、その礼として義経四天王の一人「亀井六郎重清」が残したと伝わる笈を所蔵しています。

名称 観福寺
住所 岩手県一関市大東町猿沢字野田前37
地図 Googleマップ

 

13. 千厩酒のくら交流施設

photo by 一関観光協会

国登録有形文化財・旧横屋酒造の佐藤家住宅を活用した歴史・文化・観光のコミュニティ施設です。館内では洋風材と白壁の西洋館や、ケヤキを使った土蔵造りの和風建築など、大正浪漫漂う空間を見学することができます。

名称 千厩酒のくら交流施設
住所 岩手県一関市千厩町千厩字北方134
電話 0191-53-2070
時間 (見学)10時~16時 月曜定休
料金 入館無料
HP 千厩酒のくら交流施設
地図 Googleマップ

 

14. 東山和紙・紙すき館

photo by 旅時間

東山和紙は、平泉藤原文化の遺産の1つとして800年の伝統を誇る伝統工芸です。紙すき館では、和紙でつくられた愛らしい人形や小物などが展示販売されています。また、簡単な紙すき体験ができ、好みの色や木の葉をのせた自分だけの和紙を作ることができます。

photo by 旅時間

名称 東山和紙・紙すき館
住所 岩手県一関市東山町長坂字町390
電話 0191-47-2424
時間 (4~11月)9時~17時(無休)/(12~3月)10時~15時(不定休)
HP 東山和紙・紙すき館
地図 Googleマップ

 

15. 世嬉の一 酒の民俗文化博物館

photo by sekinoichi.co.jp

「酒の民俗文化博物館」は、大正時代の酒蔵を利用した博物館です。創業当時の面影を今に残す貴重な土蔵で、東北一の規模といわれています。館内には酒作り道具や米作りの資料が展示され、杜氏部屋なども見ることができます。併設する「蔵元レストラン 世嬉の一」では、餅料理をはじめとする郷土料理や、自社で醸造しているビールや清酒を味わうことができます。

名称 世嬉の一 酒の民俗文化博物館
住所 岩手県一関市田村町5-42
電話 0191-21-1144
時間 9時~17時
料金 一般:300円、小・中学生:200円
HP 世嬉の一 
地図 Googleマップ

 

16. 舘山公園

photo by 岩手県観光協会

江刺氏居城跡にある「舘山公園」。千厩町を見下ろす景観が素晴らしく、桜の名所として知られています。春には、ソメイヨシノやシダレザクラなどが順に咲き始め、多くの花見客で賑わいを見せます。

名称 舘山公園
住所 岩手県一関市千厩町千厩字舘山地内
地図 Googleマップ

 

17. 道の駅 厳美渓

photo by wikimedia

厳美渓や一関温泉郷へ続く、国道342号沿いにある道の駅です。産直施設には、地元の新鮮な農産物から工芸品までが豊富に揃い、一関の食文化を紹介する餅文化展示室やもち料理が楽しめるレストランなどがあります。

名称 道の駅 厳美渓
住所 岩手県一関市厳美町字沖野々220-1
電話 0191-29-2000
時間 9時~18時(11月~3月は17時まで) 第3水曜日定休
HP 道の駅 厳美渓
地図 Googleマップ
1 2 3 4 5 6
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!