喜多方観光で絶対おすすめしたい30選。喜多方の魅力を徹底ガイド!

0

福島県の北西部、会津盆地の北に位置する喜多方市。喜多方ラーメン発祥の街、そして酒蔵や味噌蔵などの蔵が多く立ち並ぶことから、蔵の街としても知られています。また、市内には、新宮熊野神社などの歴史ある寺社や、250万本のひまわりが咲き誇る三ノ倉高原の花畑など、自然と歴史を感じることができる素敵な街です。そこで今回は、喜多方市の定番から穴場までの観光スポットや季節のイベント、絶品のご当地グルメなどをご案内しながら、福島県喜多方市の魅力をご紹介します。

定番から穴場まで!喜多方の観光スポット21選

1. 新宮熊野神社

photo by  福島県観光復興推進委員会

新宮熊野神社は源頼義、義家親子が「前九年の役」での陸奥征討の戦勝祈願のため、紀州熊野から現在の会津若松市に分霊したのが始まりと言われています。寛治3年(1089年)に造営され、修験者の修行場だった熊野神社長床が有名です。宝物殿では国や県の重要文化財など約80点を公開しています。また、長床前にある樹齢600年の大イチョウは高さ30m、根本周り8.1mの大木で、喜多方市天然記念物に指定されています。紅葉の時期になると木全体が黄金色に変わり、落葉が一面を黄色のじゅうたんを敷いたかの様に覆います。

photo by wikimedia

名称 新宮熊野神社
住所 福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258
電話 0241-23-0775(長床保存会事務所)
時間 8時~17時
料金 大人:300円、高校生:200円、中学生以下:無料
地図 Googleマップ

 

2. 甲斐本家蔵座敷

photo by  福島県観光復興推進委員会

幕末から明治期に製糸業や味噌、醤油の醸造などで財をなした甲斐家の蔵座敷で、大正13年(1924年)に完成したものです。51畳の広さ、壁には金粉、襖と障子の縁などに選りすぐった銘木を使い、豪華で重厚な雰囲気を感じることができます。国の有形文化財に登録されています。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 甲斐本家蔵座敷
住所 福島県喜多方市字1-4611
電話 0241-24-3900
時間 9時~17時
地図 Googleマップ

 

3. 日中線記念館

photo by  福島県観光復興推進委員会

1984年(昭和59年)に廃止された旧熱塩駅舎を記念館として保存し、国鉄の歴史を今に伝えています。除雪車や客車など、貴重な資料を展示しています。

名称 日中線記念館
住所 福島県喜多方市熱塩加納町熱塩
電話 0241-36-2221
地図 Googleマップ

 

4. 三ノ倉高原の花畑

photo by  福島県観光復興推進委員会

標高約650メートル、会津盆地を一望する三ノ倉高原。広大な花畑が広がっており、春は菜の花、夏には約250万本のひまわりが咲き誇り、あたり一面を黄色い花の絨毯が広がる絶景を望むことができます。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 三ノ倉高原の花畑
住所 福島県喜多方市熱塩加納町相田字北権現森甲857-1
地図 Googleマップ

 

5. カイギュウランドたかさと

photo by  福島県観光復興推進委員会

1000万年前の会津地方には海が広がっていました。喜多方市高郷町周辺では、多くの海洋生物の化石が発掘されており、「カイギュウランドたかさと」では、「カイギュウ」という喜多方市のみで発見されている新種の海生哺乳類の化石や、クジラや貝の化石などを展示紹介しています。また、1000万年前の化石が発掘される地層から採取した岩石を使用して、化石の発掘体験なども行われています。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 カイギュウランドたかさと
住所 福島県喜多方市高郷町西羽賀字和尚堂3163
電話 0241-44-2024
時間 9時~16時30分 月曜日休館
料金 一般:200円、小中学生:100円
HP カイギュウランドたかさと
地図 Googleマップ
1 2 3 4 5 6
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!