裏磐梯観光で絶対おすすめしたい21選!裏磐梯の魅力を徹底ガイド

0

福島県北部に位置し、磐梯山、安達太良山、吾妻山に囲まれた高原エリア「裏磐梯」。桧原湖や小野川湖、五色沼など、水と森からなる美しい自然に恵まれ、春から夏はトレッキングやカヌー、秋は紅葉、冬はスキーやスノーシューなど、一年を通してアウトドアアクティビティが楽しめる魅力的なエリアです。そこで今回は、裏磐梯の定番から穴場までの観光スポットや季節のイベント、名産品などをご案内しながら、福島県・裏磐梯の魅力をご紹介します。

定番から穴場まで!裏磐梯の観光スポット15選

1. 桧原湖

photo by 福島県観光交流局観光交流課

磐梯山噴火によりできた裏磐梯で最大の湖であり、裏磐梯観光の中心的な存在です。周囲には自然に触れる散策路、遊覧船、キャンプ場などがあり、冬場のワカサギ釣りや夏場のバスフィッシングなどで四季を通じて賑わうアウトドアレジャーの拠点となっています。

photo by 福島県観光交流局観光交流課

名称 桧原湖
住所 福島県北塩原村桧原
地図 Googleマップ

 

2. 五色沼

photo by 福島県観光交流局観光交流課

五色沼は、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼など、大小複数の沼から構成される湖沼群。水の色が青色、緑色、赤銅色など、様々な色の沼が点在し、季節、天気、時間によっても色が変化するなど、裏磐梯でも人気のスポットです。

photo by 福島県観光交流局観光交流課

名称 五色沼
住所 福島県北塩原村桧原
地図 Googleマップ

 

3. 雄国沼湿原

photo by 福島県観光交流局観光交流課

磐梯山の西側、雄国山のカルデラ湖である雄国沼にできた湿原で、国の天然記念物に指定されています。約300種の湿原植物が見られ、。6月末から7月初めには沼南でニッコウキスゲの大群落が咲き誇り、多くのハイカーで賑わいます。

photo by 福島県観光交流局観光交流課

名称 雄国沼湿原
住所 福島県北塩原村雄国沼
地図 Googleマップ

 

4. 中津川渓谷

photo by 福島県観光交流局観光交流課

吾妻連峰に源を発し、その終端は裏磐梯の秋元湖に注ぐ中津川の渓谷で、約10kmにわたり滝や急流、原生林などがあります。紅葉の時期になると、渓谷全体が赤やオレンジに染まり、中津川橋の上からの眺めは息を飲むほどに美しいです。

photo by 福島県観光交流局観光交流課

名称 中津川渓谷
住所 福島県北塩原村桧原
地図 Googleマップ

 

5. 小野川不動滝

photo by wikipedia

小野川不動滝は落差40mの瀑布で、夏は沢登り、冬はスノーシュートレッキングのコースとして人気があります。小野川湧水として名水百選にも選定されています。

名称 小野川不動滝
住所 福島県北塩原村桧原字荒砂沢山
地図 Googleマップ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!