白河観光で絶対おすすめしたい20選!白河市の魅力を徹底ガイド

0

福島県の南部中央に位置する白河市。奥州三大関所の一つ「白河の関」として古くから交通の要所として繁栄してきました。白河小峰城や南湖公園などの歴史的な見所や、白河ラーメンや白河そばなど食も楽しめる魅力的な街です。そこで今回は、白河市の人気観光スポットや季節のイベント、絶品のご当地グルメなどをご案内しながら、福島県白河市の魅力をご紹介します。

白河市の人気観光スポット13選

1. 白河小峰城

photo by  福島県観光復興推進委員会

白河市のシンボルとして親しまれている「白河小峰城」。東北では珍しい総石垣造りの城で、日本100名城の1つに数えられています。興国元年(1340年)に築城され、寛永9年(1632年)に白河初代藩主・丹羽長重が完成させました。その後、戊辰戦争で郭は焼失しましたが、平成3年に三重櫓、平成6年には前御門が当時の絵図に基づき忠実に復元されました。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 白河小峰城
住所 福島県白河市郭内1
時間 三重櫓への入場::10時~17時(11月~3月は16時まで)
地図 Googleマップ

 

2. 南湖公園

photo by  福島県観光復興推進委員会

享和元年(1801年)白河藩主・松平定信が築造した日本最古の公園で、大正13年(1924年)12月9日に国の史跡および名勝に指定されています。湖畔では春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色など四季折々の美しい景観を楽しむことができます。南湖公園内に鎮座する南湖神社境内にある樹齢約200年のベニシダレザクラ「楽翁桜」も必見です。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 南湖公園
住所 福島県白河市南湖
地図 Googleマップ

 

3. 白河フラワーワールド

photo by  福島県観光復興推進委員会

南湖公園のすぐ隣にある花のテーマパーク。4月には200種10万株のチューリップ、5月には1万2千株のジャーマンアイリス、2千株のポピーなど、季節の花々が咲き競い、多くの来園者で賑わいます。園内ではお気に入りの花を買い求めることもできます。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 白河フラワーワールド
住所 福島県白河市南湖59
電話 0248-23-2100
時間 8時30分~17時30分
料金 大人:500円、中・高校生:300円、小学生:200円 ※時期により入園料異なる
HP 白河フラワーワールド
地図 Googleマップ

 

4. 白河の関跡

photo by  福島県観光復興推進委員会

白河の関は、蝦夷の南下の防御や通行人・物品の検問などを目的として白河市に置かれた関所で、菊多関(福島県いわき市)・念珠関(山形県熱海町)とともに奥羽三関の1つに数えられています。

photo by  福島県観光復興推進委員会

名称 白河の関跡
住所 福島県白河市旗宿白河内地内
地図 Googleマップ

 

5. 妙関寺の乙姫桜

photo by  福島県観光復興推進委員会

樹齢約400年、伊達正宗ゆかりのベニシダレザクラ。花は濃いピンク色で乙姫様のように美しいことから、乙姫桜と呼ばれるようになりました。

名称 妙関寺の乙姫桜
住所 福島県白河市金屋町116
時間 桜の見頃:例年4月中旬~4月下旬
地図 Googleマップ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!