もらって嬉しい!和歌山県でおすすめの人気お土産20選

0

15. 丸新本家 「カレー醤油」

photo by marushinhonke.com

醤油発祥の地である和歌山県。醤油は、約750年前に和歌山で生まれたとされ、江戸時代には、紀州藩の保護を受け、湯浅港近くのエリアには醤油醸造所が数多く立ち並んでいました。明治14年創業の「丸新本家」は、昔ながらの古式製法にこだわり、伝統製法を守り続ける老舗の醸造所。「カレー醤油」は、カレーに合う専用の醤油として開発された人気商品。杉樽で2年熟成させた天然醤油を2種類ブレンドし、6種類程のスパイスを配合しています。カレー好きの方へのお土産にいかがでしょうか?

取扱店 (本店)和歌山県有田郡湯浅町湯浅1466-1 (田辺店)和歌山県田辺市新庄町2915-333、とれとれ市場 南紀白浜店
電話 (本店)0120-345-193 (田辺店)0739-25-5599
商品 カレー醤油: (税込)432円(150ml)
HP 丸新本家

 

16. 丸福 「くえ蒲鉾」

photo by kishu-marufuku.co.jp

「丸福」は、安政3年(1856年)創業の老舗蒲鉾店。焼き抜き蒲鉾「紀州焼」や重さ15kgの特大蒲鉾「ジャンボコ」など、伝統に基づいた個性豊かな商品を製造・販売しています。「くえ蒲鉾」は、和歌山名物の高級魚「クエ」の魚肉入りの蒲鉾。クエの形をかたどって、表面をキツネ色に焼き上げています。クエのあらの煮汁から作った特製エキス配合で、クエの風味と旨味がたっぷり詰まった一品です。

取扱店 (丸福)和歌山県御坊市湯川町財部706
電話 (丸福)0738-24-0555
営業時間 (丸福)8:00~17:00  日曜祝日、第2火曜日定休
商品 くえ蒲鉾: (税込)390円(2枚入)
HP 丸福

 

17. 魚政商店 「釜揚げしらす」

photo by shirasu123.com

美しい海と白亜の岸壁に囲まれた和歌山県由良町は、美味しい海の幸の宝庫。幻の魚と称される「クエ」など、旬で新鮮な魚を使用した魚料理が楽しめる町です。特に「釜揚げしらす」は、お土産にも大人気!「魚政商店」の釜揚げしらすは、由良湾近海で獲れた新鮮なしらすを赤穂の天然塩のみで釜茹でしたもの。塩分控えめに、絶妙な塩加減で仕上げた自慢の商品です。

取扱店 (魚政商店)和歌山県日高郡由良町網代201-17
電話 (魚政商店)0738-65-0061
営業時間 (魚政商店)8:00~18:00 不定休
商品 釜揚げしらす: (税込)1,350円(500g)
HP 魚政商店

 

18. 九和楽 「柿の葉寿司」

photo by kuwaraku.jp

「柿の葉寿司」は、塩さばやエビ、椎茸などを使用し、柿の葉で1つ1つ包み込んだ押し寿司。和歌山県の北部・伊都地方を代表する郷土料理の1つです。「九和楽(くわらく)」は、高野山参詣道の1つ「高野街道町石道」の登山口にあたる九度山町にある柿の葉寿司専門店。丁寧に手作りされた柿の葉寿司は、寿司ネタとシャリがなじみ、柿の葉の芳醇な香りが染み込みだ味わい深い一品です。

photo by kuwaraku.jp

取扱店 (九和楽)和歌山県伊都郡九度山町九度山1353
電話 (九和楽)0736-54-2600
営業時間 (九和楽)8:00~売り切れまで 不定休
商品 柿の葉寿司: (税込)1,170円(さば9個入)、(税込)1,260円(さけ9個入)
HP 九和楽

 

19. やまだ 「昔作り金山寺味噌」

photo by yamadamiso.jp

「金山寺味噌」とは、大豆・米・麦などの一般的な味噌の原料に、ナスやウリ、生姜などの野菜を加えて作る「なめ味噌」の一種です。鎌倉時代に、中国から帰国した修行僧が和歌山県由良町にある興国寺へ伝え、製造が始まったとされる和歌山県発祥の食べる味噌です。創業100年余りの老舗店「やまだ」では、国産原料にこだわり、創業以来、変わらぬ製法で金山寺味噌作りを続けています。和歌山土産としても人気のおかず味噌で、ご飯のお供に、酒の肴に最高ですよ。

photo by yamadamiso.jp

取扱店 (本店)和歌山県御坊市薗749 (たから店)和歌山県御坊市財部680ノ6
電話 (本店)0738-22-0401 (たから店)0738-24-0501
営業時間 (本店)8:30~18:00 日曜日定休 (たから店)8:30~19:00(日曜日は9:00~)
商品 昔作り金山寺味噌: (税込)648円(300gカップ入)、(税込)1,080円(500g化粧箱入)
HP やまだ
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!