もらって嬉しい!石川県でおすすめの人気お土産20選

0

15. 柚餅子総本家 中浦屋 「丸ゆべし」

photo by yubeshi.jp

「柚餅子総本家中浦屋」は、石川県輪島市にある老舗和菓子店。「丸ゆべし」は、柚子を丸ごと1個使った輪島を代表する銘菓として知られています。旬の秋に収穫される厳選した完熟柚子を使用。中身をくり抜いた部分に、秘伝の味付けをしたもち米を入れ、数回蒸した後に、半年間自然乾燥して作られています。時間も手間もかかるため、年に1度しか製造できない貴重なお菓子です。そのまま食べたり、サラダやチーズ、和え物に合わせたりと、様々な味わい方が楽しめます。

取扱店 わいち本店(輪島市)、本町店、朝市店、金沢ゆべし中浦屋(金沢市めいてつエムザ地下食品フロア)ほか
料金 丸ゆべし: (税込)1,944円(中・1個)、(税込)3,888円(中・2個)
HP 柚餅子総本家 中浦屋 

 

お土産にもらって嬉しい!石川県の名産品

16. 肴の匠 北珍(こうのしょう ほくちん) 「天然ぶりスモーク」

photo by hokuchin.co.jp

「天然ぶりスモーク」は、日本海沖で獲れた北陸産のブリを桜チップとアオダモチップで燻した逸品。お刺身でも食べられる天然ブリを使用。奥能登の海塩を使用してじっくり熟成させて、美味しさを引き出してから燻製にしています。まるで生ハムを食べているかのように、とろりと濃厚な味わいが楽しめると評判の商品です。

photo by hokuchin.co.jp

取扱店 金沢百番街(JR金沢駅)、C.C.Z.松任店(まっとう車遊館内)、近江町のざきの焼魚(近江町市場内)の北珍 直営店舗
商品 天然ぶりスモーク: (税込)1,080円
HP 肴の匠 北珍

 

17. 海道物産 「海道漬」

photo by kaidoubussan.co.jp

「海道物産」は、日本海の新鮮で美味しい海産物や珍味を扱うお店で、石川県内に3店舗をかまえています。「海道漬」は、コリコリ食感のつぶ貝とめかぶ、いくらを特製の調味液で漬けて仕上げたオリジナル商品です。ご飯のお供にも、お酒のお供にも最適な一品。石川県観光連盟が推奨する「石川県優良観光土産品」にも選定されている商品です。

取扱店 近江町市場店(金沢市)、金沢港いきいき魚市店、はくさん街道市場店(コースタルオアシス松任内)
商品 海道漬: (税込)1,400円(大)
HP 海道物産

 

18. Ante 「香りしお」

photo by ante-jp.com

「揚げ浜式製塩法」とは、汲み上げた海水を何度も塩田に撒き、太陽と風などの自然の力で蒸発させた塩分濃度の高い水を大釜で炊いて塩を作ります。約400年以上の歴史をもつ日本最古の製塩方法と言われ、現在では、石川県珠洲市でのみ行われている能登の伝統技術として、国の重要無形民俗文化財に指定されています。「香りしお」は、この揚げ浜塩田の塩に醤油やハーブなどの香辛料を加えて、風味・色彩豊かに仕上げたお塩。奥能登のお土産にぴったりの商品ですね。

photo by ante-jp.com

取扱店 道の駅すずなり(珠洲市)、金沢百番街(JR金沢駅)、小松空港売店ほか
商品 香りしお: (税込)162円(ポケットタイプ)~、(税込)702円(瓶タイプ)~
HP Ante

 

19. スギヨ 「鮨懐石」

photo by sugiyo.jp

「スギヨ」は、カニ風味やちくわなどの練り製品でお馴染みの水産加工品メーカー。寛永17年(1640年)に石川県・七尾で網元として創業し、明治から大正時代にかけて練り製品の製造を手掛けるようになりました。直売店の「杉野屋 与作」は、創業者の名から名づけたもの。本格派の練り物製品やフグの子、巻鰤(まきぶり)など石川県や能登に伝わる伝統料理などを取り扱っています。「鮨懐石」は、さけ・えび・穴子などを蒲鉾にのせて寿司に見立てた蒲鉾。味もさることながら、彩り豊かで見た目も華やかな商品で、大切な方への贈り物に最適です。

photo by sugiyo.jp

取扱店 金沢百番街店「杉野屋 与作」、大和店「杉野屋 与作」、能登食祭市場店「スギヨ」、石川県観光物産館ほか
商品 鮨懐石: (税込)2,250円(3本詰合せ)、(税込)3,980円(5本詰合せ)
HP スギヨ
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!