千と千尋の神隠しのような世界。台湾のレトロな街「九份(きゅうふん)」

0

九份(きゅうふん)

台湾北部の新北市にある街。かつて金の採掘で栄えましたが、閉山後は急速に衰退したものの、1989年に制作された台湾映画「悲情城市」の舞台として脚光を浴び、今や台湾を代表する観光地としての活気を取り戻しました。

20140818-100-14©flickr/Dal Lu

20140818-100-18©flickr/幾架D

20140818-100-3©flickr/Jiashiang

千と千尋の神隠しのような街並み

スタジオジブリ公式ではありませんが、石畳の狭い路地や階段、レトロな建物、縁日のような屋台通り、赤い提灯など、街の雰囲気が映画「千と千尋の神隠し」の世界のようだと評判になり、日本からも多くの観光客が訪れています。

20140818-100-1©flickr/Jerry Lai

20140818-100-16©flickr/Ares Hsu

20140818-100-17©flickr/y.emil

20140818-100-13©flickr/Ares Hsu

夜になって赤い提灯が灯ると、何とも言えない情景が広がります。

屋台やちょっと変わったお土産屋も

屋台やお土産屋もたくさんあり、多くの観光客でにぎわっています。

20140818-100-24©flickr/Philip Lai

20140818-100-32©flickr/Blowing Puffer Fish

20140818-100-30©flickr/Jimmy Yao

何か懐かしさを感じる街並みですね。台北までは、東京から約4時間程ですので、台湾へ行かれる際には九份にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る