400年眠り続けた天空都市。神秘のベールに包まれた『マチュピチュ』

0

天空都市『マチュピチュ』

ペルーのウルバンバ渓谷の山間、標高約2400mの絶壁にそびえ立つインカ帝国の古代都市「マチュピチュ」。麓からは仰ぎ見ることができないことから「天空都市」といわれています。

20140916-128-6©flickr/Halofan

20140916-128-14©flickr/00dann

20140916-128-18©flickr/andreweland

今も残る当時の跡

遺跡を歩くと、確かに500年前に人がここで生活していたと実感することができます。

20140916-128-29©flickr/archer10 (Dennis)

500年前の人々の住宅の跡。

20140916-128-4©flickr/Vautrin_Baires

広大な段々畑の跡。ここでジャガイモやトウモロコシが栽培されていたそうです。

20140916-128-19©flickr/nathangibbs

見張り小屋。ここからの眺めは絶景で、一番のビューポイントです。

20140916-128-20©flickr/David Baggins

太陽の神殿。曲線が美しい神殿跡です。

20140916-128-25©wiki/Colegota

マチュピチュ遺跡で最も高いところにある日時計の跡。

20140916-128-27©flickr/Guacamoliest

市街地の入り口。要塞の石垣で囲まれた市街地への正門だったところです。

20140916-128-5©flickr/Guilherme Jófili

マチュピチュ遺跡は、1911年にアメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムによって発見されましたが、なぜここに都市が築かれたかは今だ謎のままです。謎多き天空都市、旅人のロマンがかきたてられますね。

MEMO

名称 マチュピチュ遺跡(Machu Picchu)
アクセス クスコからマチュピチュ村駅まで電車で約4時間。下車後バスで約30分
HP ペルー観光情報サイト

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る