浅草に行ったら絶対に食べたい!行列必至の浅草の食べ歩きグルメ5選。

0

浅草寺に仲見世通り、浅草花やしきに東京スカイツリーと徒歩圏内に多くの見どころがある「浅草」。今回は、そんな「浅草」を散策するなら絶対に押さえたい食べ歩きグルメを5つ、ご紹介します。

「浅草 花月堂」 ジャンボメロンパン

20141116-195-2©浅草 花月堂

©浅草 花月堂

行列が絶えない「浅草 花月堂」の一番人気のジャンボメロンパンは、通常のメロンパンの約2倍のサイズ。3時間かけてじっくり低温発酵させて作るため、きめの細かい、フワフワのメロンパンが楽しめます。夕方には売り切れてしまうことがあるので、早めの購入がおすすめです。

名称 浅草 花月堂
住所 (本店)東京都台東区浅草2-7-13 (雷門店)東京都台東区浅草1-18-11
TEL (本店)03-3847-5251 
時間 (本店)9:00~ジャンボめろんぱん完売次第閉店 
休み 無休
HP 浅草 花月堂

 

「浅草メンチ」 メンチカツ

20141116-195-1©食べログ/よたっち

20141116-195-1-2©食べログ/loosetie

テレビでよく取り上げられている行列のできるメンチカツ専門店。幻の豚「高座豚」と牛肉をブレンドしたメンチカツは肉の旨味がたっぷり詰まっていて、ジューシーな味わいがたまらない一品。揚げたてをいただけるのも◎。

名称 浅草メンチ
住所 東京都台東区浅草2-3-3
TEL 03-6231-6629
時間 10:00~19:00
休み 無休
HP 浅草メンチ(食べログ)

 

「亀十(かめじゅう)」 どら焼き

20141116-195-3©食べログ/Wan_dafuru

20141116-195-3-2©食べログ/ibis_ 

たびたびテレビや雑誌などで取り上げられている行列のできるお店。人気のどら焼きは白あんと黒あん(粒あん)の2種類。丁寧に焼き上げられたフワフワの皮と、北海道十勝産の小豆で作られたあんが絶妙なバランスで、リピーターが多いのも頷ける一品です。

名称 亀十(かめじゅう)
住所 東京都台東区雷門2-18-11
TEL 03-3841-2210
時間 10:00~21:00
休み 不定休
HP 亀十(食べログ)

 

「浅草 九重」 あげまんじゅう

20141116-195-4©浅草 九重

20141116-195-4-2©浅草 九重

浅草寺の参道、仲見世通りにある揚げ饅頭屋さん。こしあんやカスタードクリームからもんじゃ味まで、バラエティに富んだメニューが楽しめます。

名称 浅草 九重
住所 東京都台東区浅草2-3-1
TEL 03-3841-9386
時間 9:00~19:00
休み 無休
HP 浅草 九重

 

「浅草きびだんご あづま」 きびだんご

20141116-195-5©仲見世

20141116-195-5-2©仲見世

仲見世通りにあるきびだんご屋さんで、江戸時代に仲見世で食べられていた味を再現して、店頭で1本1本、実演販売しています。もちもちの団子に、きなこがたっぷりかかった上品なお味です。

名称 浅草きびだんご あづま
住所 東京都台東区浅草1-18-1
TEL 03-3843-0190
時間 9:00~19:00
休み 無休
HP 浅草きびだんご あづま

 

浅草周辺の宿を探してみる

kaminari 『浅草 周辺』の宿を探す(じゃらん) 『浅草周辺の宿』プラン比較

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る