まるで氷のテーマパークのような街。エストニアの『オンティカ』

0

氷で覆われる街「オンティカ」

北欧の国、エストニア共和国の北東部にある小さな街「オンティカ」。この街は冬になると氷で覆われ、まるで氷のテーマパークのような世界になってしまいます。

20141217-224-1photo by wiki/Akra

20141217-224-13photo by flickr/cj.sveningsson

滝が作る氷の世界

まるで氷のテーマパークのような世界を作ったのはこの滝。

20141217-224-5photo by wiki/HendrixEesti

「バラステの滝」というエストニア最大の滝で、冬になると高さ約30mから落ちる水しぶきが飛び散って降り注ぎ、あたりを氷の世界にしてしまいます。

20141217-224-17photo by wiki/Akra

これは「しぶき氷」と呼ばれる現象で、気温が氷点下になる真冬におこる現象です。

20141217-224-2photo by wiki/Akra

20141217-224-12photo by flickr/cj.sveningsson

ベンチや電柱、標識も全て氷で覆われてしまいます。

20141217-224-11photo by flickr/cj.sveningsson

20141217-224-10photo by flickr/cj.sveningsson

20141217-224-14photo by flickr/cj.sveningsson

何かのオブジェのようですね。

20141217-224-16photo by wiki/Akra

20141217-224-3photo by wiki/Hendrixeesti

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る