春夏秋冬訪れたい日本の名所!東北屈指の名刹、山形の『山寺(立石寺)』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第22弾として、四季を通じて美しい表情を見せる東北屈指の名刹「山寺(立石寺)」をご紹介します。

山寺(立石寺)

20150606-384-19©山形県

慈覚大師が貞観2年(860)、清和天皇の勅許を得て創建した天台宗の古刹「山寺(立石寺)」。

IT100.TIFF©山形県

山全体がお寺ともいえる非常に大きな霊場で、山門から奥の院に続く参道石階には句碑や板碑、幾多の堂塔が点在し、神聖な雰囲気が漂う東北屈指の名刹です。

IT103.TIFF©山形県

IT98.TIFF©山形県

20150606-384-20©山形県

20150606-384-3©flickr/inefekt69

本堂である「根本中堂」は、桁行き5間、梁間5間、入母屋銅板葺きの堂で、慈覚大師が掘り込んだとされる「薬師如来坐像」が祀られています。国の重要文化財に指定されています。

IT92.TIFF©山形県

20150606-384-18©山形県

参道中腹にある国の名勝「せみ塚」。元禄2年(1689)、奥の細道でここを訪れた松尾芭蕉が「閑さや岩にしみいる蝉の声」の句を残したところとして知られています。

20150606-384-9©山形県

宝物殿には、木造伝教大師座像、木造釈迦如来立像、木造薬師如来座像、木造薬師如来立像などの貴重な文化財が安置されています。

20150606-384-2©flickr/Wei Hao Tsai

山寺(立石寺)の春夏秋冬の風景

【春】数は多くありませんが、山門付近や芭蕉記念館周辺の桜が花を咲かせ、山寺に春の訪れを告げます。

20150606-384-11©山形県

【夏】緑に包まれた風格漂う山寺。芭蕉もこのような風景を見ながら「閑さや岩にしみいる蝉の声」の句を詠んだのでしょうか。

20150606-384-1©flickr/yari hotaka

【秋】紅葉の名所としても名高く、見頃の時期には山寺全山が見事な紅色に包まれます。

20150606-384-12©山形県

20150606-384-6©flickr/mrhayata

【冬】雪に包まれた山寺。まるで水墨画のような世界です。

20150606-384-7©山形県

IT106.TIFF©山形県

MEMO

名称 山寺(立石寺)/やまでら(りっしゃくじ)
住所 山形県山形市山寺4456-1
時間 8時~17時
料金 入山料:大人300円、中学生200円、小学生100円
電話 8時~17時
HP 山寺観光協会

 

山形へ行くプランを探してみる

20150606-384-19 山形市のホテル・宿を探す(じゃらん) 『山形のホテル・宿』プラン比較
IT98.TIFF 山形県へのツアーを探す(じゃらん) 『山形県へのツアー』プラン比較

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る