未知なる世界の入り口へ!世界の神秘的な洞窟10選。

0

世界には大自然が創り上げた奇跡とも呼べる洞窟が多数存在します。今回は、その中でも特に神秘的な洞窟を10ヶ所、ご紹介します。

1. 龍泉洞(りゅうせんどう)/日本・岩手県

20151002-514-1©岩手県観光協会

20151002-514-2©岩手県観光協会

日本三大鍾乳洞の一つで、国の天然記念物にも指定されている「龍泉洞」。洞窟内は既に知られているだけでも3600m以上あり、無数の鍾乳石や石筍、ドラゴンブルーといわれる神秘的な地底湖が存在します。

2. ソンドン洞/ベトナム

20150625-417-6photo by sondoongcave.org

20150625-417-19photo by sondoongcave.org

ベトナム北中部、フォンニャ・ケバン国立公園の密林の地下に横たわる「ソンドン洞」。現時確認されている中で世界最大の洞窟で、その大きさは、最大高約240m、幅約90m、全長約9kmにもおよび、池袋のサンシャイン60が入ってしまうほど。とんでもない規模の地下空間が広がっています。

3. ビシェヴォ島の青の洞窟/クロアチア

20150628-418-6©flickr/Luisa Josué

20150628-418-8©flickr/Yacht Rent

クロアチア、アドリア海に浮かぶ小さな島「ビシェヴォ島」。この島には青い輝きで満たされる「青の洞窟」があり、この神秘的な世界が見れるのは11時から13時のわずか数時間だけ。太陽の光が青く透き通った海水を通して洞窟内に入り、深い青の輝きを創りだしています。

4. オルダ洞窟/ロシア

20150710-427-12photo by Orda Cave project

20150710-427-7photo by Orda Cave project

ロシア西部のウラル地方にある世界最長の水中洞窟「オルダ洞窟」。数百万年の長い年月をかけて形成された洞窟で、その長さは約5km、深さは200m。洞窟を満たす水は信じられないくらいクリアで、視界が約45m先まで見えるほど。水に反射した光が青白く岩肌を照らし、なんとも幻想的な世界を創りだしています。

5. セノーテ・イキル/メキシコ

20140716-62-1©flickr/Guillaume Capron

20151002-514-4©flickr/KoiQuestion

何百万年もの時をかけて雨が石灰岩の大地を溶かしてできた洞窟が水没した井戸洞窟「セノーテ・イキル」。古代マヤ人から聖なる泉と考えられていた神聖な場所で、雨水が石灰石の大地にろ過された透明な水で満たされています。

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る