西部劇の時代へ!ゴールドラッシュが残した廃墟の街『ボディ(Bodie)』

0

 ゴールドラッシュに沸いた町「ボディ(Bodie)」

アメリカ・カリフォルニア州東部、シェラネバダ山脈の東麓には、かつて「ボディ(Bodie)」という町がありました。1800年代中盤よりカリフォルニアを中心にゴールドラッシュで沸いた時代、この地でも1859年に金鉱脈が発見されると急速に大きな町へと発展、全盛期には10000人近い人口を抱えるまでに栄えた町でした。

20151222-593-10 ‐現在のボディの町‐ photo by flickr/Mark Wainwright

20151222-593-16‐1890年頃のボディの町‐ photo by wiki

やがて、ゴーストタウンと化した町

1900年代に入り、金の生産量が下降線を辿ると人々が離れはじめ、町は徐々に衰退してゆきます。1932年には町の中心部が大きな火事に見舞われたこともあり、ボディは急速に衰退、ついに人の住まないゴーストタウンと化してゆきました。

20151222-593-11photo by flickr/unixsource

20151222-593-12photo by flickr/praphulm

暫くの間は廃墟の街として放置されていましたが、1962年にカリフォルニア州の歴史公園に指定され、当時のままの姿で保存管理が行われています。

20151222-593-7photo by flickr/Greg Schechter

20151222-593-13photo by flickr/m01229

20151222-593-15photo by flickr/Gouldy99

街に一歩足を踏み入れると、教会や学校、ガソリンスタンドなどがそのまま残され、まるで西部劇の時代にタイムスリップしたような感覚を覚えます。

20151222-593-4photo by flickr/James Marvin Phelps

20151222-593-1photo by flickr/kaotso

20151222-593-9photo by flickr/Jayson

一部の民家やバーなどは内部が公開され、当時の生活の様子をうかがい知ることができます。食器や机などがそのまま放棄され、人がいきなり消えてしまったかのような不気味さも感じます。

20151222-593-2photo by flickr/Stefan Schlautmann

Saloon in Bodiephoto by flickr/Albert de Bruijn

20151222-593-8photo by flickr/Cliff Stone

西部開拓時代の繁栄と衰退の歴史を感じることができる貴重な場所「ボディ(Bodie)」。一度は訪れてみたいスポットです。

サンフランシスコに行くプランを探してみる

20151222-593-9 サンフランシスコへのツアーを探す(H.I.S.) 『サンフランシスコへのツアー』プラン比較

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る