この巨石はいったい何!?謎を秘めた奈良県の『益田岩船』

0

奈良県の「益田岩船」

奈良県橿原市の岩船山(標高130メートル)頂上近くには、益田岩船(ますだのいわふね)と呼ばれる巨大な石造物が存在します。その大きさは、東西11メートル、南北8メートル、高さ約5メートル。重量は推定800トンにもなる巨大な花崗岩です。

20160215-647-7photo by 橿原市

謎を秘めた巨石

この「益田岩船」、文献などの記録が一切残されていないため、いつ、誰が、何のために作ったのかわかっていません。

20160215-647-6photo by 橿原市

上部には一辺約1.6メートル、深さ約1.2メートルの穴が空けられ、そして側面には謎めいた紋様が広く刻まれています。

20160215-647-3photo by megalithic.co.uk

20160215-647-2photo by wiki

弘法大師による巨大な石碑の台石、天体観測のための台座、未完成の古墳の石室、火葬墳墓など、古くから諸説が飛び交う謎を秘めた巨石なんです。


20160215-647-1photo by wiki

飛鳥地方では、謎の石造物が多数見つかっていますが、益田岩船はその中でも最たるもの。それが、新興住宅地の橿原ニュータウンのすぐ背後の丘陵地にあるんですから、さすがは奈良県といった感じですね。一度は訪れてみたいスポットです。

名称 益田岩船(ますだのいわふね)
住所 奈良県橿原市白橿町8
HP かしはら探訪ナビ

 

奈良県へ行くプランを探してみる

20160215-647-7 橿原市(奈良県)周辺の宿を探す(じゃらん) 『橿原市(奈良県)周辺の宿』プラン比較
20160215-647-2 奈良県へのツアーを探す(じゃらん) 『奈良県へのツアー』プラン比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る