もらって嬉しい!京都駅でおすすめの人気お土産30選

0

5. 麩嘉(ふうか) 「麩まんじゅう」

20160423-687-22-kyoto-station-omiyagephoto by twitter/麩嘉

常時20種類以上の生麩を取り扱う、京生麩の専門店「麩嘉(ふうか)」。人気の麩まんじゅうは青海苔の風味が香るもちもち感たっぷりの生麩の中に、甘さ控えめな小豆あんが包まれています。熊笹の葉にくるまれて、なんとも涼しげな和菓子です。1個から購入できるので、贈答品としても、手軽なお土産としても喜ばれる商品です。

取扱店 JR京都伊勢丹店B1F
電話 075-352-1111(大代表)
営業時間 10:00~20:00
商品 麩まんじゅう: (税込)227円(1ヶ)、(税込)1,134円(5ヶ入)
HP 麩嘉

 

6. 聖護院(しょうごいん)八ツ橋総本店 「聖(ひじり) 」

20160423-687-34-kyoto-station-omiyagephoto by facebook/聖護院八ッ橋総本店

京都のお土産といえば「八ツ橋」。元禄2年(1689年)に聖護院八ツ橋総本店が琴に似せた干菓子を「八ッ橋」と名付けて販売したのがはじまりとされています。ニッキや抹茶を生地に練り込み、程よい甘さのつぶ餡を1枚1枚、丁寧に包みこんだ「八ツ橋」は、今も昔も変わらぬ美味しさを誇ります。定番のニッキと抹茶のほか、季節限定の商品の詰め合わせもおススメです。

取扱店 JR京都伊勢丹B1F、京都駅専門店街The CUBE
商品 聖: (税込)540円(10個入)、(税込)864円(16個入)、(税込)1,080円(20個入)
HP 聖護院八ツ橋総本店 

 

7. 紫野和久傳(むらさきのわくでん) 「れんこん菓子 西湖」

photo by shop.wakuden.kyoto

「紫野和久傳」は、京都の高級料亭「和久傳(わくでん)」が展開するお店で、高級料亭の味をおもたせとして仕立てた料理やお菓子などを販売しています。「れんこん菓子 西湖」は、レンコンの根からとれるデンプン粉と和三盆糖で作られた上品なお菓子。ツルンとのど越し滑らかで、和三盆糖のまろやかな甘さが楽しめます。生笹で包まれた涼やかなお菓子で、京都土産としても人気の商品です。

photo by shop.wakuden.kyoto

取扱店 JR京都伊勢丹B1F
商品 れんこん菓子 西湖: (税込)810円(3本紙箱入)、(税込)1,350円(5本紙箱入)、(税込)3,348円(10本竹籠入)
HP 紫野和久傳(わくでん)

 

8. ジュバンセル 「竹取物語」

photo by jouvencelle.jp

「ジュバンセル」は、抹茶フォンデュが有名な京洋菓子司です。看板商品の「竹取物語」は、大粒の和栗と黒豆をたっぷり使用した大人のパウンドケーキ。香り高い竹の皮で包みこみ、しっとりと焼き上げた逸品です。ゴロンと大きな和栗と黒豆が詰まっていて、どこを切っても和栗と黒豆が楽しめるようになっています。大切な方へのお土産にいかがでしょうか?

photo by jouvencelle.jp

取扱店 JR京都伊勢丹B1F
商品 竹取物語: (税込)2,700円
HP ジュバンセル

 

京都といえばお抹茶。抹茶を使った人気のお土産

9. マールブランシュ 「茶の菓(ちゃのか)」

20160423-687-3-kyoto-station-omiyagephoto by malebranche.co.jp

京都北山に本店を置くマールブランシュは創業30年の洋菓子の名店。大人気銘菓の「茶の菓(ちゃのか)」は、茶鑑定士が厳選した宇治茶の濃厚な旨味たっぷりの「濃い茶」のクッキーでホワイトチョコレートを包んだお菓子。ほろ苦い味わいが特徴のラングドシャとホワイトチョコの甘さが絶妙のハーモニーを生んだ商品です。

20160423-687-3-3-kyoto-station-omiyage 20160423-687-3-2-kyoto-station-omiyage

photo by malebranche.co.jp

茶作り名人 小島確二による「究極の茶葉」と、茶鑑定士 森田治秀による「究極の香り」、そしてパティシエ 江崎靖彦による「究極の味」のコラボレーションから、『お濃茶ラングドシャ 茶の菓』は生まれました。
via: マールブランシュ

取扱店 JR京都伊勢丹店B1F、JR京都伊勢丹店6F(サロン)、近鉄名店街みやこみち(カフェ)、JR京都駅新幹線中央改札内、京都駅前地下街ポルタ 京名菓内
商品 茶の菓: (税込)680円(5枚入)、(税込)1,360円(10枚入)、(税込)2,721円(20枚入)
HP マールブランシュ
1 2 3 4 5 6 7
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!