もらって嬉しい!長崎駅エキナカでおすすめ人気お土産10選

0

お土産の定番!人気の長崎銘菓・中華菓子

5. ボンパティ 「クルス」

20160811-790-7-nagasakieki-omiyagephoto by e-cruz.net

「クルス」は、発売から40年以上愛され続けている長崎銘菓。薄焼き煎餅の表面に十字架が施された、キリシタン文化が根付く長崎ならではのお菓子です。生姜を加えたチョコレートクリームを軽い食感の煎餅でサンド。パッケージには、鈴木信太郎画伯がデザインしたシスターのイラストが描かれています。

取扱店 JR長崎駅ビル アミュプラザ長崎 1F
電話 095-808-1124
営業時間 8:30~20:00
商品 クルス:(税込)540円(8枚入)、(税込)707円(12枚入)、(税込)1,050円(18枚入)
HP ボンパティ

 

6. 茂木一〇香本家 「国産茂木ビワゼリー」

20160811-790-11-nagasakieki-omiyagephoto by facebook/茂木一〇香本家

「茂木一〇香(もぎいちまるこう)本家」は、弘化元年(1844年)創業の歴史ある老舗店。長崎銘菓として知られる「国産茂木ビワゼリー」は、長崎・茂木町の特産品である茂木ビワを丸ごと1つとじ込めた贅沢なゼリー。肉厚で酸味が少く甘みの強いと言われる茂木ビワ。素材の美味しさを味わえる、みずみずしいゼリーで、長崎土産としても人気です。

取扱店 JR長崎駅ビル アミュプラザ長崎 1F お土産すみや内
電話 095-808-3833
営業時間 8:30~20:00
商品 国産茂木ビワゼリー:(税込)972円(3個箱入)、(税込)2,160円(6個箱入)、(税込)3,456円(10個箱入)
HP 茂木一〇香本家 

 

7. 蘇州林 「麻花兒(マファール)」

20160811-790-3-nagasakieki-omiyagephoto by 蘇州林

長崎中華街で中華菓子といえば、「麻花兒(マファール)」です。生地がらせん状に巻かれているので、長崎では「よりより」と呼ばれて親しまれています。小麦粉、砂糖などで作られた揚げ菓子で、少し硬い食感ですが、噛めば噛むほどうま味が広がります。そのクセになる美味しさにファン続出の人気菓子です。

取扱店 JR長崎駅ビル アミュプラザ長崎 1F お土産すみや内
電話 095-808-3833
営業時間 8:30~20:00
商品 麻花兒(マファール):(税込)540円(7本袋入)、(税込)1,080円(15本袋入)
HP 蘇州林 

 

8. 菓舗 唐草 「長崎物語」

20160811-790-17-nagasakieki-omiyagephoto by kaho-karakusa.co.jp

「長崎物語」は、長崎県民なら誰でも知っている長崎を代表する銘菓。しっとり焼き上げた細長いバームクーヘンの中に、まろやかな特製クリームが入っています。クリームは1つ1つ手作業でたっぷり詰めているので、フレッシュな味わいが楽しめます。キリシタン禁制によってジャガタラ(現ジャカルタ)へ追放された日本人の手紙「ジャガタラ文」がパッケージに採用されていて、江戸時代にあった長崎の物語を今に伝えています。

取扱店 JR長崎駅ビル アミュプラザ長崎 1F
電話 095-808-1231
営業時間 8:30~20:00
商品 長崎物語:(税込)864円(6本入)、(税込)1,188円(9本入)、(税込)1,890円(15本入)
HP 菓舗 唐草

 

お土産におすすめ!人気の長崎名物

9. みろくや 「長崎ちゃんぽん」「皿うどん」

20160811-790-15-nagasakieki-omiyage 20160811-790-16-nagasakieki-omiyage

photo by mirokuya.co.jp

江戸時代の鎖国令によって、唯一の開港地だった長崎は、異国文化を取り入れた独自の郷土料理が発展してきました。その代表格である長崎ちゃんぽんと皿うどんは、中国の影響を受けて生み出されたもの。お土産や贈答品に長崎ちゃんぽんと皿うどんを選ぶなら「みろくや」がおススメ。長崎市の特産推奨品にも認定されています。

取扱店 JR長崎駅アミュプラザ長崎1F 土産品店各店
商品 長崎ちゃんぽん: (税込)680円(2人前)、皿うどん: (税込)680円(2人前)、ちゃんぽん&皿うどん詰合せ: (税込)1,360円(2人前)
HP みろくや
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る