もらって嬉しい!名古屋駅でおすすめの人気お土産25選

0

10. 両口屋是清 「千なり」

20160902-805-27-nagoyaeki-omiyagephoto by ryoguchiya-korekiyo.co.jp

「両口屋是清」は、寛永11年(1634年)に創業し、尾張藩御用菓子司をつとめていた由緒ある老舗和菓子店です。伝統の技が生きる和菓子は、長い間、名古屋を拠点に親しまれてきました。代表銘菓「千なり」は、こだわりの3種類の餡を包み込んだどら焼きです。北海道産小豆を使用した小豆粒あん、地元の抹茶を使用した抹茶あん、国産白小豆を使用した紅粒あんの3種の餡が入っています。しっとり焼き上げたどら焼き皮の表面には、菓子名の由来でもある豊臣秀吉の馬印である千なりひょうたんが焼印されています。

取扱店 新幹線地下街エスカ店、JR名古屋高島屋店(B1F)、名古屋名店地下街店
商品 千なり:(税込)820円(5個入)、(税込)1,360円(8個入)、(税込)1,695円(10個入)
HP 両口屋是清

 

11. 青柳総本家 「青柳ういろう ひとくち」

20160902-805-1-nagoyaeki-omiyagephoto by aoyagiuirou.co.jp

「青柳総本家」は、130年余りの歴史を誇るういろうの老舗。昭和のはじめ頃に、看板商品の「青柳ういろう」を名古屋駅のホームや売店で販売したことから、名古屋名物となりました。「青柳ういろう ひとくち」は、伝統の味・青柳ういろうを1口サイズにして、美味しさをとじ込めた逸品。しろ・くろ・抹茶・上がり・さくらの5種類あり、滑らかな舌触りと上品な味わいが楽しめます。

取扱店 新幹線地下街エスカ直営店、KITTE名古屋店、JR名古屋高島屋店(B1F)の直営店舗、エスカ名古屋みやげ処内、JR名古屋駅構内KIOSKほか
商品 青柳ういろう ひとくち: (税込)486円(5個袋入)、(税込)540円(5個箱入)、(税込)1,080円(10個箱入)、(税込)1,620円(15個箱入)
HP 青柳総本家

 

12. 浪越軒 「てづくりどうぶつえん」

20160902-805-17-nagoyaeki-omiyagephoto by facebook/浪越軒

「てづくりどうぶつえん」は、昭和2年創業の老舗の和菓子屋さん「浪越軒」が作った1口サイズのカワイイお饅頭。箱を開けると、食べるのがもったいなくなるほど、カラフルでキュートな動物達が入っています。あん入りとチョコ入りの2種類あり、お子様へのお土産に、ちょっとしたギフトに、大変喜ばれる商品です。

取扱店 JR名古屋高島屋B1F 銘菓百選内
電話 052-566-1101 (大代表)
営業時間 10:00~20:00
商品 てづくりどうぶつえん: (税込)1,620円(12個入)
HP 浪越軒 

 

13. 餅文総本店 「花しぼり」

photo by mochibun.co.jp

「餅文総本店」は、万治2年(1659年)創業のういろの老舗。厳選された原料を使用し、熟練の職人の手によって、手作りならではのもっちりとした食感と歯切れの良い伝統のういろを作り続けています。「花しぼり」は、1口サイズのういろの中に、こし餡・ゆず餡・抹茶餡の3種の餡を閉じこめた涼し気なお菓子。3色の可愛い花柄の包み紙に1つずつ包まれています。赤い花をモチーフにした花のパッケージも可愛らしくて、お土産に人気の商品です。

取扱店 JR名古屋駅構内グランドキヨスクほか
商品 花しぼり:(税込)540円(5個入)、(税込)1,080円(10個入)
HP 餅文総本店 

 

14. 桂新堂 「季節のお詰合せ」

photo by keishindo.co.jp

慶応2年(1866年)創業の「桂新堂」は、国産のえびを原料に使用したえび煎餅の老舗店。車えび、甘えび、ぼたんえびなど、素材そのものを生かした煎餅が人気です。「季節の作品シリーズ」は、日本の四季を表現したお煎餅の詰め合わせ。贈答用に、手土産に、大変喜ばれる商品です。

取扱店 JR名古屋高島屋店(B1F)
電話 052-566-8553
営業時間 10:00~20:00
商品 季節のお詰合せ: (税込)1,080円(8袋入)、(税込)1,620円(14袋入)、(税込)2,160円(16袋入)
HP 桂新堂 
1 2 3 4 5 6
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る