もらって嬉しい!有馬温泉でおすすめの人気お土産ランキングTOP15

0

11. Cafe De Beau(カフェドボウ) 「有馬ロール」

20161006-839-21-arimaonsen-omiyagephoto by Cafe De Beau

「Cafe De Beau(カフェドボウ)」は、有馬温泉駅から徒歩5分程の場所にあるオシャレなレトロカフェ。イチオシの「有馬ロール」は、有馬温泉の源泉から抽出した塩「金泉塩」を使用した特製ロールケーキ。金泉塩は、海水で作られた塩より塩分・鉄分濃度が高いため、鉄分を取り除く工程を含め、完成するまで約4日もかかる貴重なお塩。まろやかな塩気が特徴の金泉塩がコクのあるクリームの甘さを引き立たせた有馬温泉ならではのスイーツです。

取扱店 (Cafe De Beau)兵庫県神戸市北区有馬町835
電話 (Cafe De Beau)078-904-0555
営業時間 (Cafe De Beau)9:00~18:00 火曜日定休(祝日の場合は翌日が休み)
商品 有馬ロール
HP Cafe De Beau 

 

10. 三津森本舗 「よい湯まんじゅう」

20161006-839-19-arimaonsen-omiyagephoto by tansan.co.jp

温泉地の定番土産といえば、温泉まんじゅうですね!「よい湯まんじゅう」は、山芋と黒砂糖を使用したヘルシーな温泉饅頭。小ぶりで、甘さ控えめなので、何個でも食べられちゃいそう。三ツ森本店や三ツ森太閤通り店などでは、蒸かしたてのお饅頭が1つから購入可能です。食べ歩き用に、お土産用にいかがですか?

取扱店 三ツ森本店、和菓子工坊 ありま、三ツ森太閤通り店ほか
商品 よい湯まんじゅう: (税込)70円(1個)、 (税込)770円(8個箱入)
HP 三津森本舗 

 

9. 山椒彩家 「国産黒毛和牛の有馬煮(山椒入り)」

20161006-839-17-arimaonsen-omiyagephoto by kawakami-shouten.co.jp

「山椒彩家(さんしょうさいか)」は、佃煮の老舗店「川上商店」が展開する山椒専門店。店内は、石臼で挽いた山椒の良い香りに包まれています。有馬温泉周辺で獲れる有馬山椒は、香りの良さと実のやわらかさが特徴で、古くから実山椒を使った料理を有馬煮と称して、湯治客に振る舞っていました。「国産黒毛和牛の有馬煮(山椒入り)」は、山椒の実の爽やかな辛味がアクセントになって、ご飯がどんどん進む逸品。有馬温泉のお土産に、誰にあげても喜ばれる商品です。

取扱店 (山椒彩家)兵庫県神戸市北区有馬町1172
電話 (山椒彩家)078-904-0153
営業時間 (山椒彩家)9:00~17:30 水曜日定休
商品 国産黒毛和牛の有馬煮(山椒入り):(税込)1,404円(50g)
HP 山椒彩家

 

8. 千成屋 「千成ひょうたん漬」

20161006-839-15-arimaonsen-omiyagephoto by arima-sennariya.jp

「千成屋」は、有馬温泉駅近くに本店をかまえる漬物・佃煮の専門店。看板商品の「千成ひょうたん漬」は、太閤秀吉の馬印である千成ひょうたんを漬けた珍しい漬物。酒造りが盛んな兵庫・灘郷の酒粕を使った伝統の漬け床で、約3ヶ月間漬込んだ逸品です。

取扱店 (本店)兵庫県神戸市北区有馬町1298-9 (北店)兵庫県神戸市北区有馬町阪急バス前
電話 (本店)078-904-0575 (北店)078-904-0340
営業時間 (本店)9:00~18:00
商品 千成ひょうたん漬:(税込)1,080円(110g)
HP 千成屋 

 

7. 湯之花堂本舗 「炭酸チョコレートサンド(黒缶)」

20161006-839-13-arimaonsen-omiyagephoto by yunohana.jp

「湯之花堂本舗」は、有馬名物「炭酸せんべい」の専門店。無添加の材料にこだわり、昔ながらの製法で作る炭酸せんべいが人気のお店。「炭酸チョコレートサンド(黒缶)」は、厳選したカカオを使用し、濃厚なチョコレートクリームをサンドした炭酸せんべいのクリームサンド。炭酸せんべいのパリっとした食感と甘さ控えめの本格派チョコレートクリームの美味しさが楽しめる人気商品です。平成26年には、五つ星ひょうごに選定されています。

取扱店 (湯の花堂本舗 太閤通り店)兵庫県神戸市北区有馬町1645
電話 (湯の花堂本舗 太閤通り店)078-904-1405
営業時間 (湯の花堂本舗 太閤通り店)9:00~18:00 不定休
商品 炭酸チョコレートサンド(黒缶):(税込)864円(12枚入)
HP 湯之花堂本舗 
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る