もらって嬉しい!有馬温泉でおすすめの人気お土産ランキングTOP15

0

6. 吉高屋 「カメ印 炭酸泉ミスト」

photo by yoshitakaya.com

「カメ印 炭酸泉ミスト」は、美肌の湯で有名な有馬温泉の炭酸泉を100%使用した化粧水ミスト。有馬温泉の源泉に含まれるメタケイ酸が含まれた100%無添加化粧水です。保湿成分を配合し、肌に潤いとハリを与えてくれる優れもので、持ち運びにも便利。メイクの上からも使えるので、乾燥が気になる方にはおススメです。

取扱店 (吉高屋)兵庫県神戸市北区有馬町259 
電話 (吉高屋)078-904-0154
営業時間 (吉高屋)9:00~20:00 水曜日定休
商品 カメ印 炭酸泉ミスト: (税込)1,404円(80g)
HP 吉高屋

 

5. 有馬八助商店 「有馬サイダーてっぽう水」

20161006-839-9-arimaonsen-omiyagephoto by facebook/有馬こゆな

日本のサイダー発祥の地とされている有馬温泉。明治時代に飲料メーカーの有馬鉱泉が、炭酸泉に砂糖を入れて発売したのが日本初のサイダー「有馬サイダー」です。その後、有馬鉱泉が買収されたため、姿を消した有馬サイダーでしたが、地元の有馬八助商店によって見事、復活を果たしました。炭酸が強く、さっぱりいただけるご当地サイダーで、レトロなパッケージも人気です。

取扱店 吉高屋、酒市場、平野屋本舗、有馬温泉のお土産屋、旅館・ホテル売店ほか
商品 有馬サイダーてっぽう水:(税込)250円(1本)

 

4. きんせん堂 「金泉焼」

20161006-839-7-arimaonsen-omiyagephoto by rakuten.ne.jp

有馬温泉を代表する泉質「金泉」とは、塩分と鉄分を多く含む含鉄塩化物泉のこと。有馬名物「金泉焼」は、太閤秀吉も愛したとされる黄金の湯「金泉」をイメージした和菓子です。北海道十勝産の小豆餡を柔らかいお餅で包み込み、醤油をつけて焼き上げた餅菓子で、香ばしい醤油の香りと甘しょっぱい味わいが人気です。原料はすべて国産にこだわった生菓子で、湯上りに、お土産に、喜ばれる一品です。

取扱店 (きんせん堂)兵庫県神戸市北区有馬町266-2 (神戸電鉄「有馬温泉駅」構内)、有馬温泉旅館・ホテル売店ほか
電話 (きんせん堂)078-904-4755
営業時間 (きんせん堂)10:00~18:00
商品 金泉焼:(税込)594円(5枚入)、(税込)1,188円(10枚入)
HP きんせん堂

 

3. 川上商店 「松茸昆布」

20161006-839-5-arimaonsen-omiyagephoto by kawakami-shouten.co.jp

「川上商店」は、室町時代から有馬温泉の湯治客に愛されてきた佃煮の老舗店。有馬温泉名物にもなっている「松茸昆布」は、江戸時代より食されてきた歴史ある逸品。北海道産の肉厚な真昆布と松茸を醤油・酒・水飴などの調味料で甘辛く炊き、昔ながらの伝統製法で仕上げたもの。甘口と辛口があり、昆布と松茸の異なる食感と素材の美味しさを生かした絶妙な味わいが楽しめます。

取扱店 (本店)兵庫県神戸市北区有馬町1193 (南店)兵庫県神戸市北区有馬町869-1
電話 (本店)078-904-0153 (南店)078-904-2153
営業時間 (本店)9:00~18:00 年中無休 (南店)9:30~18:00 火・水曜日定休
商品 松茸昆布:(税込)1,080円(144g)
HP 川上商店

 

2. 吉高屋 「摂津有馬の湯 カメ印自宅湯原料 金湯・銀湯」

20161006-839-4-arimaonsen-omiyage20161006-839-3-arimaonsen-omiyagephoto by yoshitakaya.com

日本最古の湯と名高い有馬温泉で、明治時代より天然の湯の花「カメ印湯の花」を販売していた吉高屋。有馬温泉に湧き出る金泉・銀泉の温泉成分を研究して作られた「摂津有馬の湯 カメ印自宅湯原料 金湯・銀湯」は、自宅で温泉気分が味わえる薬用入浴剤です。どちらも色や香りを再現し、金湯は保湿効果、銀湯は美肌効果が高い成分を配合しています。明治期に販売していた「カメ印湯の花」のパッケージを復刻したレトロなラベルも人気です。

取扱店 (吉高屋)兵庫県神戸市北区有馬町259 (温泉堂)兵庫県神戸市北区有馬町820
電話 (吉高屋)078-904-0154 (温泉堂)078-904-0155
営業時間 (吉高屋)9:00~20:00 水曜日定休 (温泉堂)10:00~17:00 火曜日定休
商品 摂津有馬の湯 カメ印自宅湯原料 金湯・銀湯:(税込)各1,080円(5袋入)
HP 吉高屋
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る