もらって嬉しい!錦糸町でおすすめの人気お土産7選

0

東京都墨田区の南部に位置する「錦糸町」。東京の下町文化が残る街で、東京の東エリアでは最大規模を誇る繁華街が広がっています。錦糸町には、地元を代表する銘菓や人気のスイーツなどバラエティ豊かなお土産が揃っています。そこで今回は、錦糸町でおすすめの人気お土産を7個ご紹介します。

1. 船橋屋 「元祖くず餅」

photo by facebook/kuzumochi.funabashiya

「船橋屋」は、東京・亀戸に創業して210年余りの老舗和菓子店。「くず餅」は、創業当時から亀戸天神の参拝客に親しまれた江戸の名物で、明治初期の「江戸甘いもの屋番付」では、横綱を獲得したほど高い評価を受けてきた逸品です。「元祖くず餅」は、15か月間かけて乳酸発酵させた小麦でんぷんを蒸したもの。独特な旨みと弾力のあるくず餅に、たっぷりのきなこと黒蜜をかけていただきます。江戸時代から愛されてきた江戸名物をお土産にいかがでしょうか?

photo by facebook/kuzumochi.funabashiya

取扱店 (錦糸町 テルミナ店)東京都墨田区江東橋3-14-5 テルミナB1F
電話 (錦糸町 テルミナ店) 03-3632-2784
営業時間 (錦糸町 テルミナ店)10:00~21:00(テルミナに準ずる)
商品 元祖くず餅: (税込)760円(小箱)、(税込)870円(中箱)、(税込)1,080円(大箱)
HP 船橋屋

 

2. 人形焼 山田家 「人形焼 」

photo by yamada8.com

「山田家」は、人形焼き一筋60年余りの人形焼き専門店。もともと卵問屋だったことから、高級な卵を使用した人形焼きは、錦糸町の名物菓子として愛されてきました。現在も、奥久慈のブランド卵や国産小豆のほか、厳選した原料を使用して、こだわりの人形焼きを作り続けています。人形焼きには珍しいタヌキをはじめ、太鼓、モミジ、三笠の4種類の形があります。包装紙は、江戸の伝承話「本所七不思議」を題材にした風情溢れるもの。東京土産や手土産に喜ばれる商品ですね!

photo by sumida-brand.jp

取扱店 (本店)東京都墨田区江東橋3-8-11 (テルミナ店)東京都墨田区江東橋3-14-5 テルミナB1F
電話 (本店)03-3634-5599 (テルミナ店)03-3633-0843
営業時間 (本店)9:00〜20:00 水曜日定休 (テルミナ店)10:00〜21:00 不定休(テルミナに準ずる)
商品 人形焼 : (税込)648円(8個袋入)、(税込)1,300円(餡入り13個箱入)、(税込)1,300円(餡入り餡なし詰め合わせ19個箱入)
HP 人形焼 山田家

 

3. ラ・バンボッシュ 「ケーキ各種」

photo by labamboche.jp

「ラ・バンボッシュ」は、JR線錦糸町駅北口から徒歩5分の場所にあるパティスリー。店名は、フランス語で「ご馳走を食べながらおしゃべりを楽しむ宴」という意味。楽しい宴に並ぶお菓子を提供したいとの想いから名づけられたのだとか。その想い通り、丁寧に手作りされたケーキは、どれも美味しそう!いつものティータイムをより楽しく過ごせそうですね!

photo by labamboche.jp

取扱店 (ラ・バンボッシュ)東京都墨田区太平2-1-1
電話 (ラ・バンボッシュ)03-3624-0123
営業時間 (ラ・バンボッシュ)(月~土)10:00~20:00 (日曜・祝日)10:00~19:00 不定休
商品 ケーキ各種
HP ラ・バンボッシュ

 

4. 甘味処 白樺 「たらふくもなか」

photo by facebook/wagashi.shirakaba

「甘味処 白樺」は、錦糸町で創業60年以上も、親しまれている和菓子店。「たらふくもなか」は、寝そべっている招き猫をモチーフにしたユニークな最中。芳ばしい最中の中には、「白いダイヤ」と称される希少な北海道産白小豆を使用した白餡がたっぷり入っています。招き猫の何とも言えない可愛いらしさが評判で、手土産や差し入れに大人気の商品です。

photo by facebook/wagashi.shirakaba

取扱店 (甘味処 白樺)東京都墨田区江東橋2-8-11  (テルミナ店)東京都墨田区江東橋3-14-5 テルミナB1F
電話 (甘味処 白樺)03-3631-6255  (テルミナ店)03-6659-5567
営業時間 (甘味処 白樺)8:00~18:30(日曜は18:00まで) 月曜日定休 (テルミナ店)10:00〜21:00 不定休(テルミナに準ずる)
商品 たらふくもなか: (税込)170円(1個)、(税込)1,150円(6個入)
HP 甘味処 白樺
1 2
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る