湯村温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット7選

0

兵庫県北西部、鳥取県との県境近くに湧く「湯村温泉」。開湯は、嘉祥元年(848年)と伝わる歴史ある名湯で、春木川沿いに老舗の宿や近代的な旅館が点在し、情緒ある温泉街が広がっています。「荒湯」と呼ばれる源泉は98度と高く、荒湯で茹でる温泉たまごは湯村の名物です。そんな湯村温泉には、日帰り入浴を楽しめる旅館や施設も充実しています。そこで今回は、湯村温泉で人気の日帰り温泉スポットを7ヶ所、ご紹介します。

1. 湯村温泉観光交流センター 薬師湯

photo by facebook/894you

photo by facebook/894you

photo by facebook/894you

湯村温泉の公衆浴場「湯村温泉観光交流センター 薬師湯」。お風呂は、15人ほどが入れる大きな大浴場と岩造りの露天風呂、サウナなどが完備され、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。入浴後は肌がすべすべになると評判。畳と椅子の休憩処や、有料の休憩室、時間貸しの家族風呂などもあり、のんびりと温泉を楽しむことができる温泉施設です。

名称 湯村温泉観光交流センター 薬師湯
住所 兵庫県美方郡新温泉町湯1604
時間 7:00~22:00
料金 大人:500円、小学生以下:250円
風呂 大浴場、露天風呂、サウナ
温泉 湯村温泉
電話 0796-92-1081
HP 湯村温泉観光交流センター 薬師湯
地図 Googleマップ

 

2. 湯村温泉 佳泉郷 井づつや

photo by izutuya.com

photo by izutuya.com

photo by izutuya.com

湯村温泉街を見下ろす高台に佇む高級宿「佳泉郷 井づつや」。元禄十五年(1702年)創業の湯村温泉屈指の老舗旅館です。温泉は、巨岩を配した大岩風呂、日本庭園を望む庭園露天風呂や檜風呂、温泉街を見渡す展望風呂など、多様なお風呂で湯めぐりを楽しむことができます。日帰り入浴も可能で、立ち寄り湯の他、昼の会席膳と温泉入浴がセットなった日帰り温泉プランなども用意しています。

名称 湯村温泉 佳泉郷 井づつや(かせんきょう いづつや)
住所 兵庫県美方郡新温泉町湯1535
時間 11:00~14:30
料金 1000円 ※その他、日帰り温泉プランあり
風呂 展望檜風呂、庭園露天風呂、大岩風呂、ハーブ湯など
温泉 湯村温泉 自家源泉
電話 0796-92-1111
HP 湯村温泉 佳泉郷 井づつや
地図 Googleマップ

 

佳泉郷 井づつや 日帰り温泉プラン

『佳泉郷 井づつや』日帰りプラン(じゃらん) 『佳泉郷 井づつや』プラン比較   

 

3. 湯村温泉 とみや

photo by yumura-tomiya.com

photo by yumura-tomiya.com

photo by yumura-tomiya.com

緑に囲まれた静かな地に佇む「湯村温泉 とみや」。自家源泉を有し、大浴場だけでなく、客室風呂や洗面などもすべて温泉を使用しているという温泉自慢のお宿です。お風呂は、展望露天風呂や庭園露天風呂、大浴場、炭酸風呂、あわ風呂など、多種多様。日帰り入浴も受け入れており、自家源泉かけ流しの上質な湯を気軽に楽しむことができます。

名称 湯村温泉 とみや
住所 兵庫県美方郡新温泉町湯181-2
時間 15:00~20:00
料金 大人:800円、子ども:500円
風呂 展望露天風呂、庭園露天風呂、大浴場、炭酸風呂、あわ風呂、打たせ湯
温泉 湯村温泉 源泉かけ流し
電話 0796-92-0001
HP 湯村温泉 とみや
地図 Googleマップ

 

4. 湯村温泉 足湯 ふれあいの湯

photo by wikimedia

photo by yumura.gr.jp

春来川のほとりに設けられた足湯「ふれあいの湯」。7メートル程の足湯が3つあり、川のせせらぎを聞きながら、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。源泉の「荒湯」で茹でた湯村名物の温泉卵を、足湯に浸かりながら頂けるのも◎ですね。

名称 湯村温泉 足湯 ふれあいの湯
住所 兵庫県美方郡新温泉町湯1248
料金 無料
風呂 全長21mの足湯
温泉 湯村温泉
地図 Googleマップ
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る