もらって嬉しい!上越でおすすめの人気お土産5選

0

新潟県南西部に位置する「新潟県上越市」。上越市は、上杉謙信の居城・春日山城をはじめ、上杉謙信ゆかりの史跡や文化財に触れられる歴史深い街。そんな上越には、地元の銘菓やスイーツなどバラエティ豊かなお土産が揃っています。今回は、上越でおすすめの人気お土産を5個ご紹介します。

1. 三野屋(ミノヤ) 「元祖 継続だんご」

photo by madeinjoetsu.jp

「三野屋(ミノヤ) 」は、JR直江津駅前にある老舗菓子店。名物の「継続だんご」は、森光子さんが主演を務めた舞台劇「放浪記」に登場するお菓子です。白餡をお団子のように串に刺し、芳ばしく焼き上げたお菓子で、発売以来100年以上の歴史を持つ直江津銘菓です。上品な甘さで、お茶うけにぴったりのお菓子です。

photo by madeinjoetsu.jp

取扱店 (三野屋)新潟県上越市中央1丁目1-11、イオン上越店、イトーヨーカドー直江津店ほか
電話 (三野屋)025-543-2538
営業時間 (三野屋)8:00~18:00
商品 元祖 継続だんご: (税込)756円(5本入)、(税込)1,296円(8本入)
HP 三野屋(ミノヤ)

 

2. 小竹製菓 「笹だんごパン」

photo by madeinjoetsu.jp

「小竹製菓」は、「サンドパン」と呼ばれるご当地パンで有名なパン・和菓子を製造する老舗店。「笹だんごパン」は、新潟名物の笹団子が丸ごと1個入ったユニークなパンで、パンダのパッケージが可愛いと話題となっている商品。国産よもぎを使用した自家製の笹団子をパンに入れ、表面にきな粉をまぶして焼いています。パンと笹団子の食感と風味を生かした商品で、上越の新名物として注目されています。

photo by madeinjoetsu.jp

取扱店 小竹製菓、上越市内のスーパーほか
商品 笹だんごパン: (税込)194円(1個)
HP 小竹製菓

 

3. 高橋孫左衛門商店 「翁飴」

photo by etigo-ameya.co.jp

「高橋孫左衛門商店」は、寛永元年(1624年)創業の日本で最も古い飴屋さん。江戸時代の戯作者、十返舎 一九(じっぺんしゃ いっく)の「東海道中膝栗毛」や夏目漱石の「坊ちゃん」にも登場する歴史あるお店です。「翁飴」は、水飴を寒天で固めて乾燥させたお菓子。高田城主が参勤交代の際、江戸へお土産として持参したという由緒正しいお菓子で、もちもちとした食感が特徴の上品な飴菓子です。

取扱店 (髙橋孫左衛門商店)新潟県上越市南本町3-7-2
電話 (髙橋孫左衛門商店)025-524-1188
営業時間 (髙橋孫左衛門商店)8:30~ 19:00 水曜日定休
商品 翁飴: (税込)486円(8個袋入)、(税込)821円(12個箱入)、(税込)1,361円(20個箱入)
HP 高橋孫左衛門商店 

 

4. かなざわ総本舗 「出陣餅」

photo by syutujin.com

「かなざわ総本舗」は、名将・上杉謙信をはじめとする地元の戦国武将を偲んだお菓子を数多く手がける老舗和菓子店です。代表銘菓「出陣餅」は、上杉謙信が戦の前に兵士に餅を振舞い、士気をあげたことにちなんで作られた餅菓子。よもぎを練り込んだお餅に、きな粉と黒蜜をかけていただきます。1つ1つ個別包装され、出陣餅と書かれた楊枝が付いています。上越市が定める特産品「メイド・イン上越」にも認定されています。

取扱店 直営店舗、上越市内のイチコ各店舗、イオン上越店、上越観光物産センター、NEW DAYSミニ高田店・直江津店・上越妙高店、上越妙高駅SAKURAプラザ内ほか
商品 出陣餅: (税込)1,728円(10個入)
HP かなざわ総本舗
1 2
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る