もらって嬉しい!有楽町・日比谷でおすすめの人気お土産10選

0

日本を代表するビジネス街ながら、皇居や日比谷公園など癒しのスポットが点在する都会のオアシス「有楽町・日比谷エリア」。明治維新以降には、帝国ホテルや鹿鳴館などが建設され日本の近代化を象徴する街として発展。昭和に入ると日本劇場や東京宝塚劇場などがオープンし、日本の演劇や音楽の聖地として進化を遂げてきました。現在、ビジネス・芸術の中心地として再開発が進む注目のエリアです。そんな有楽町・日比谷エリアには、伝統が詰まった和菓子やオシャレなスイーツなどバラエティ豊かなお土産が揃っています。今回は、有楽町・日比谷エリアでおすすめの人気お土産を10個ご紹介します。

お土産にもらって嬉しい!有楽町・日比谷で話題のスイーツ

1. ラ・プティ・メルスリー 「デコレーション・カップケーキ」

photo by facebook/lapetitemercerie.pscoop

「ラ・プティ・メルスリー」は、ベルギー・アントワープにある小さな手芸工房をイメージしたカフェ。見た目にも可愛いデコレーションケーキと生パスタが自慢のお店です。店頭には、SNS映えするキュートでオシャレなカップケーキがズラリ!思わず、笑顔になってしまう女子ウケ間違いなしのスイーツです。自分へのご褒美や大切な方への手土産に、いかがでしょうか?

取扱店 (ルミネ有楽町店)東京都千代田区有楽町2ー5ー1 ルミネ有楽町 ルミネ1 4F
電話 (ルミネ有楽町店)03-6269-9222
営業時間 (ルミネ有楽町店)(平日)11:00~21:00(L.O 20:30) (土日祝) 11:00~21:00(L.O 20:30)
商品 デコレーション・カップケーキ: (税込)580円~
HP ラ・プティ・メルスリー

 

2. ガルガンチュワ 「ブルーベリーパイ」

photo by imperialhotel.co.jp

「ガルガンチュワ」は、日本の迎賓館と称される帝国ホテル東京内にあるホテルショップ。総菜からケーキ、パンなど、伝統と風格漂う帝国ホテルならではの商品を取り扱っています。「ブルーベリーパイ」は、お店のオープン以来から愛され続けている定番商品。サクサクのパイ生地の中には、シナモンがほんのり香るブルーベリーフィリングがたっぷり詰まっています。甘さ控えめに仕上げているため、小さなお子様からご年配の方まで喜ばれる一品。大切な方への東京土産や手土産におススメです。


photo by imperialhotel.co.jp

取扱店 (ガルガンチュワ)東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館1F
電話 (ガルガンチュワ)03-3539-8086
営業時間 (ガルガンチュワ)8:00~20:00
商品 ブルーベリーパイ: (税込)756円(9cm)、(税込)2,700円(16cm)、(税込)4,104円(18cm)
HP ガルガンチュワ

 

3. きゃらめらいず東京 「シューストライプ」

photo by facebook/carameliz.tokyo

「きゃらめらいず東京」は、砂糖を芳ばしく焦がすキャラメライズしたスイーツを専門に扱うスイーツブランド。看板商品の「シューストライプ」は、クロワッサン生地とシュー生地を独自の製法で織り込んだオリジナルの生地の中に、カスタードクリームを詰めたシュークリーム。表面をキャラメリゼして仕上げているため、芳ばしい風味とサクサク食感が楽しめる新感覚のシュークリームです。

取扱店 (きゃらめらいず東京)東京都千代田区有楽町2ー7ー1有楽町イトシアB1F イトシアフードアベニュー内
電話 (きゃらめらいず東京)03-6256-0807
営業時間 (きゃらめらいず東京)11:00~21:00 不定休(有楽町イトシアに準ずる)
商品 シューストライプ: (税込)250円(1個)
HP きゃらめらいず東京

 

4. ペイストリー スナッフルス 「チーズオムレット」

photo by snaffles.jp

「ペイストリー スナッフルス」は、北海道・函館の人気洋菓子店。看板商品の「チーズオムレット」は、まるで半熟オムレツのように、とろ~り滑らかな口どけが楽しめるスフレタイプのチーズケーキ。航空会社のCA(客室乗務員)の口コミから人気に火が付いたスイーツで、北海道土産の定番品!北海道産の原料を使用し、濃厚チーズの味わいが楽しめるチーズケーキ。お子様からご年配の方まで、誰にあげても喜ばれるスイーツです。


取扱店 (有楽町店)東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館1F
電話 (有楽町店)090-3393-5888
営業時間 (有楽町店)10:00~20:00
商品 チーズオムレット: (税込)1,296円
HP ペイストリー スナッフルス
1 2 3
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る