湯田温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット12選

0

山口市の南西部に湧く「湯田温泉」。800年以上の歴史を誇る名湯で、幕末には、高杉晋作や伊藤博文、坂本龍馬などの維新の志士達も訪れ、現在も彼らが入浴したという浴槽も残されています。萩や津和野などへのアクセスも良く、山口県観光の拠点としても人気の温泉地です。そんな湯田温泉には、日帰り入浴を楽しめる旅館や施設も充実しています。そこで今回は、湯田温泉で人気の日帰り温泉スポットを12ヶ所、ご紹介します。

1. 維新志士ゆかりの宿 松田屋ホテル

photo by matsudayahotel.co.jp

photo by matsudayahotel.co.jp

photo by matsudayahotel.co.jp

三百有余年の歴史を誇る老舗旅館「松田屋ホテル」。坂本竜馬や高杉晋作、西郷隆盛なども利用した宿として知られ、彼らが入浴したお風呂がそのまま残され、館内には幕末の貴重な資料なども展示されています。温泉は、岩造りの大浴場や、桧材を使用した大浴場で湯あみを。日帰り入浴も可能で、長州の四季の味覚を盛り込んだ会席コースを利用すれば、追加500円で温泉も楽しむことができます。


名称 維新志士ゆかりの宿 松田屋ホテル(まつだやほてる)
住所 山口県山口市 湯田温泉3-6-7
時間 日帰り温泉プランにより異なる
料金 10000円~+入湯料500円(食事と温泉) ※日帰りプランにより異なる
風呂 大浴場、露天風呂
温泉 湯田温泉
電話 083-922-0125
HP 松田屋ホテル
地図 Googleマップ

 

2. 名勝 山水園

photo by yuda-sansuien.com

photo by yuda-sansuien.com

photo by yuda-sansuien.com

登録有形文化財の宿「名勝 山水園」。喧騒から離れた静かな地に立ち、数千坪の敷地に客室はわずか14室という贅沢さ。登録有形文化財の建築と登録記念物の日本庭園を有する名宿です。温泉は、3本の自家源泉から湧く、100%かけ流しの天然温泉。日帰り入浴も受け入れており、露天風呂を備えた大浴場「翠山の湯」で、気軽に山水園のお湯を堪能できます。

名称 名勝 山水園(さんすいえん)
住所 山口県山口市緑町4-4-60
時間 10:00~22:00 毎月最終火曜日定休
料金 大人:1600円、子ども:800円、家族湯:2000円+入浴料(60分)
風呂 大浴場、露天風呂、家族湯(外湯 翠山の湯)
温泉 湯田温泉
電話 083-921-0656
HP 名勝 山水園
地図 Googleマップ

 

3. 湯の宿味の宿 梅乃屋

photo by facebook/umenoya


photo by facebook/umenoya

photo by facebook/umenoya

地元の旬の素材を活かした料理自慢の宿「湯の宿味の宿 梅乃屋」。1日約150トンも湧き出す自家源泉も自慢です。温泉は、露天風呂と大浴場で、100%源泉かけ流しの新鮮な湯を。日帰り入浴も可能で、立ち寄り湯はもちろん、4名からの利用となりますが、コースから選べる会席料理と温泉入浴がセットになった日帰り温泉プランも用意しています。

名称 湯の宿味の宿 梅乃屋(うめのや)
住所 山口県山口市湯田温泉4-3-19
時間 13:30~24:00(休前日は13:30~16:00)
料金 大人:800円、子ども:400円 ※その他、日帰り温泉プランあり
風呂 大浴場、露天風呂
温泉 湯田温泉 100%源泉かけ流し
電話 083-922-0051
HP 湯の宿味の宿 梅乃屋
地図 Googleマップ

 

4. 西の雅 常盤

photo by n-tokiwa.co.jp

photo by n-tokiwa.co.jp

photo by n-tokiwa.co.jp

女将を座長に多彩な芸を披露する女将劇場が名物の「西の雅 常盤」。和食の鉄人・太田忠道プロデュースの会席料理も評判です。温泉は、檜造りの露天風呂や、楊貴妃の浴室をイメージした「楊貴妃風呂」など、6つのお風呂で湯あみを。日帰り入浴も可能で、立ち寄り湯はもちろん、自慢の和会席と温泉入浴がセットになった日帰り温泉プランなども用意しています。

名称 西の雅 常盤(にしのみやび ときわ)
住所 山口県山口市湯田温泉4-6-4
時間 11:00~22:00
料金 大人:800円、子ども:600円 ※その他、日帰り温泉プランあり
風呂 大浴場、露天風呂
温泉 湯田温泉
電話 083-922-0091
HP 西の雅 常盤
地図 Googleマップ
1 2 3
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る