憧れの人気宿!鳴子温泉郷でおすすめの人気旅館7選

0

宮城県大崎市に湧く「鳴子温泉郷」。鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの温泉地からなる温泉郷で、その歴史は1000年を超えると伝わります。日本にある11の泉質のうち、9種類が鳴子温泉郷に集まり、源泉の数はなんと370本以上。多くの宿が自家源泉を持ち、多彩な泉質が楽しめる人気の温泉郷です。今回は、鳴子温泉郷でおすすめの人気旅館を7つ、ご紹介します。

1. 元祖うなぎ湯の宿 ゆさや旅館

photo by yusaya.co.jp

photo by yusaya.co.jp

photo by yusaya.co.jp

photo by yusaya.co.jp

創業380余年の老舗宿「元祖うなぎ湯の宿 ゆさや旅館」。昭和11年に建てられた木造3階建ての建物は、国の登録有形文化財に指定されています。客室も歴史を感じさせる和室で、ゆったりと寛ぐことができます。温泉は、内湯のうなぎ湯、貸切露天風呂、そして隣接の共同浴場で、それぞれ泉質の異なる湯を楽しむことができます。食事は、仙台黒毛和牛ステーキや豆乳野菜しゃぶなどをメインとした山里料理が味わえます。

名称 元祖うなぎ湯の宿 ゆさや旅館(がんそうなぎゆのやど ゆさやりょかん)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉湯元84
電話 0229-83-2565
HP ゆさや旅館
地図 Googleマップ

 

元祖うなぎ湯の宿 ゆさや旅館 宿泊プラン

『ゆさや旅館』⇒ じゃらん 『ゆさや旅館』⇒ るるぶ

 

 

2. 鳴子温泉 湯元 吉祥

photo by hotespa.net

photo by hotespa.net

photo by hotespa.net

photo by hotespa.net

2016年に鳴子温泉にオープンした温泉宿「湯元 吉祥」。鳴子温泉の高台に位置し、館内から温泉郷を眼下に望みます。客室は、露天風呂を備える特別室や、日本庭園を望む離れ、ゆったりとしたベッドを備えるツインなど多彩なラインナップを用意。食事は、会席料理とバイキングを融合したセミバイキングスタイルで、宮城の山海の幸を盛り込んだ料理を味わうことができます。温泉は、広々とした大浴場と露天風呂、4つの無料貸切風呂で、湯あみを楽しむことができます。

名称 鳴子温泉 湯元 吉祥(ゆもと きっしょう)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元58-10
電話 0229-82-4451
HP 湯元 吉祥
地図 Googleマップ

 

鳴子温泉 湯元 吉祥 宿泊プラン

『湯元 吉祥』⇒ じゃらん 『湯元 吉祥』⇒ るるぶ 『湯元 吉祥』⇒ 一休

 

 

3. 東鳴子温泉 旅館大沼

photo by ohnuma.co.jp

photo by ohnuma.co.jp

photo by ohnuma.co.jp

photo by ohnuma.co.jp

鳴子温泉郷・東鳴子温泉にある「旅館大沼」。館内はしっぽりとした雰囲気に包まれている湯治宿です。温泉は、宿自慢の庭園貸切露天風呂や混浴大浴場、石組みの内庭露天風呂など、8つの趣の異なるお風呂で、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。客室はシンプルながら居心地の良い和室。食事は、旬の素材が並ぶ会席膳がいただけます。

名称 東鳴子温泉 旅館大沼(ひがしなるこおんせん りょかんおおぬま)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34
電話 0229-83-3052
HP 東鳴子温泉 旅館大沼
地図 Googleマップ

 

東鳴子温泉 旅館大沼 宿泊プラン

『東鳴子温泉 旅館大沼』⇒ じゃらん 『東鳴子温泉 旅館大沼』⇒ るるぶ 『東鳴子温泉 旅館大沼』⇒ 一休

 

 

4. 鳴子ホテル

photo by narukohotel.co.jp

photo by narukohotel.co.jp

photo by narukohotel.co.jp

photo by narukohotel.co.jp

明治6年創業の「鳴子ホテル」。湯治文化を今に伝承する老舗宿です。温泉は、三本の自家源泉を有し、外気や湿度によって色が変化する美肌の湯が自慢。大浴場と露天風呂など多彩な湯殿でゆったりと湯浴みを楽しむことができます。125室ある客室は、和室を中心に、露天風呂付きや和洋のコネクティングタイプなど、目的に応じで選ぶことができます。食事は、地元食材で作る郷土色豊かなみちのくバイキングが人気です。

名称 鳴子ホテル(なるこほてる)
住所 宮城県大崎市鳴子温泉字湯元36
電話 0229-83-2001
HP 鳴子ホテル
地図 Googleマップ

 

鳴子ホテル 宿泊プラン

『鳴子ホテル』⇒ じゃらん 『鳴子ホテル』⇒ るるぶ 『鳴子ホテル』⇒ 一休

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る