憧れの人気宿!渋温泉でおすすめの人気旅館7選

0

長野県北東部、山ノ内町に湧く「渋温泉」。開湯は1300年前と伝わる古湯で、石畳の通りには、老舗旅館や共同浴場が立ち並び、昔ながらの温泉街の雰囲気をそのまま残しています。源泉の数も多く、全ての旅館と外湯は源泉100%掛け流し。豊富な湯量と多彩な泉質が楽しめる人気の温泉地です。今回は、渋温泉でおすすめの人気旅館を7つ、ご紹介します。

1. 春蘭の宿 さかえや

photo by e-sakaeya.jp

photo by e-sakaeya.jp

photo by e-sakaeya.jp

photo by e-sakaeya.jp

渋温泉屈指の人気旅館「春蘭の宿 さかえや」。やさしい心や温かさをコンセプトした癒し宿です。自慢の温泉は、地獄谷の鉄分が強い茶褐色の温泉と、硫黄などの鉱物を含んだ源泉温度98度の自噴泉をブレンド。広々とした大浴場と開放感あふれる露天風呂で湯あみを楽しめます。客室は、スイート、和モダン、スタンダード和室の3タイプ。特に露天風呂付きのスイートが人気です。料理は、プライベート露天風呂がついた特別室が人気。料理は、和洋中を融合させた創作懐石料理を堪能できます。

名称 春蘭の宿 さかえや(しゅんらんのやどさかえや)
住所 長野県下高井郡山ノ内町平穏2171
電話 0269-33-2531
HP 春蘭の宿 さかえや
地図 Googleマップ

 

春蘭の宿 さかえや 宿泊プラン

『春蘭の宿 さかえや』⇒ じゃらん 『春蘭の宿 さかえや』⇒ るるぶ 『春蘭の宿 さかえや』⇒ 一休

 

 

2. 信州渋温泉 玉久旅館

photo by tamakyu.net

photo by tamakyu.net

photo by tamakyu.net

photo by tamakyu.net

一日8組限定の温泉宿「信州渋温泉 玉久旅館」。館内は暖かな光に包まれ、和の趣深さを感じる癒しの空間となっています。自慢の温泉は、ヒノキ造りの内湯とヒバ天然石の内湯で、源泉かけ流しの上質な湯を楽しむことができます。客室は全4タイプ。いずれも落ち着きのある和室となっています。料理は、拘りの自家製野菜とお米、地元の旬な素材を贅沢に使った和洋折衷の料理を味わうことができます。

名称 信州渋温泉 玉久旅館(たまきゅうりょかん)
住所 長野県下高井郡山ノ内大字平穏2069
電話 0269-33-3591
HP 玉久旅館
地図 Googleマップ

 

信州渋温泉 玉久旅館 宿泊プラン

『信州渋温泉 玉久旅館』⇒ じゃらん

 

 

 

3. 渋温泉 湯本旅館

photo by sibu-yumoto.jp

photo by sibu-yumoto.jp

photo by sibu-yumoto.jp

photo by sibu-yumoto.jp

江戸時代の寛文年間創業の老舗旅館「渋温泉 湯本旅館」。木造三階建て、古き良き時代を感じさせる、大正ロマンの薫りを残した温泉宿です。客室は全12室。いずれも純和風の造りで、窓からは情緒ある石畳の道が見下ろせます。食事は、新鮮な食材を厳選し、山の幸を使った郷土料理を味わえます。温泉は、ヒノキ香る大浴場と貸切の岩囲み露天風呂で、湯あみを楽しむことができます。

名称 渋温泉 湯本旅館(ゆもとりょかん)
住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏2218
電話 0269-33-2181
HP 渋温泉 湯本旅館
地図 Googleマップ

 

渋温泉 湯本旅館 宿泊プラン

『渋温泉 湯本旅館』⇒ じゃらん

 

 

 

4. 歴史の宿 金具屋

photo by facebook/kanaguya

photo by facebook/kanaguya

photo by facebook/kanaguya

photo by facebook/kanaguya

創業250年の老舗旅館「歴史の宿 金具屋」。昭和初期の古い建物をそのまま残し、木造4階建ての「斉月楼」など2棟は、国の登録有形文化財に指定されています。ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとも噂される有名旅館です。客室は全29室。当時の職人がそれぞれ異なる造りに仕上げたこだわりの和室となっています。食事は、信州の山の幸をふんだんに使った山里料理。温泉は、洋風の浪漫風呂や屋上にある露天風呂、岩窟風呂など、3ヶ所の大浴場と5ヶ所の貸切風呂で、湯あみを楽しむことができます。

名称 歴史の宿 金具屋(れきしのやど かなぐや)
住所 長野県下高井郡山ノ内町平穏2202
電話 0269-33-3131
HP 歴史の宿 金具屋
地図 Googleマップ

 

歴史の宿 金具屋 宿泊プラン

『歴史の宿 金具屋』⇒ じゃらん 『歴史の宿 金具屋』⇒ るるぶ

 

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る