もらって嬉しい!米子でおすすめの人気お土産10選

0

「山陰の玄関口」と称され、山陰地方の旅の拠点となる街「鳥取県米子市」。江戸時代には城下町として栄え、市内には歴史溢れる観光スポットが点在しており、日本海の美味しいグルメとともに歴史散策が楽しめる人気の観光地です。そんな米子には、米子銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、米子市でおすすめの人気お土産を10個ご紹介します。

お土産の定番!米子で人気のお菓子

1. お菓子の壽城 「白とち餅」

photo by okashinet.co.jp

「お菓子の壽城」は、米子自動車道米子ICを下りてすぐの場所にあるお菓子のテーマパーク。山陰地方を代表する名城「米子城」を再現したお城の建物がひと際目を引く、米子で人気の観光スポットの1つです。「白とち餅」は、お菓子の壽城で人気No.1の商品。栃の実を練り込んだお餅の中にこしあんを包み込んだお菓子。独自の製法で、丁寧に栃の実のあくを抜き、風味豊かに仕上げています。米子を代表する銘菓として、高い人気を誇るお菓子です。

photo by okashinet.co.jp

取扱店 (お菓子の壽城)鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1 (壽城米子駅店)鳥取県米子市弥生町2 JR米子駅構内 (壽城米子鬼太郎空港店)鳥取県境港市佐斐神町1634 米子空港内
電話 (お菓子の壽城)0859-39-4111 (壽城米子駅店)0859-37-6120 (壽城米子鬼太郎空港店)
営業時間 (お菓子の壽城)9:00~18:00 (壽城米子駅店)8:00~18:30 不定休 (壽城米子鬼太郎空港店)6:15~20:00 不定休
商品 白とち餅: (税込)760円(6個入)、(税込)980円(8個入)
HP お菓子の壽城

 

2. 寿製菓 「因幡(いなば)の白うさぎ」

photo by facebook/inabanosirousagi

「因幡(いなば)の白うさぎ」は、出雲神話「因幡の白兎」に登場する白うさぎにちなんだ、うさぎをモチーフにした可愛い焼き饅頭。山陰地方を代表する銘菓で、発売から50年以上も親しまれている山陰土産の定番品です。地元の大山バターを使用した饅頭生地と、上品な味わいの黄身餡を絶妙に合わせて焼き上げています。赤目のうさぎが可愛い、縁起の良いお菓子です。

photo by shopping.okashinet.co.jp

取扱店 JR米子駅売店、米子空港の土産店、米子市内のスーパー(一部店舗を除く)ほか
商品 因幡(いなば)の白うさぎ: (税込)810円(6個入)、(税込)1,080円(8個入)、(税込)1,296円(11個入)
HP 寿製菓

 

3. 米子中浦 「のどぐろせんべい」

photo by sanin-nakaura.jp

「のどぐろせんべい」は、日本海で獲れた高級魚・のどぐろのすり身が入ったお煎餅。口に入れると、のどぐろの旨味が口いっぱいに広がる風味豊かなお煎餅です。個別包装で、1袋に2枚入りで、ばらまき土産にも最適です。

photo by sanin-nakaura.jp

取扱店 中浦 イオン米子駅前店、米子高島屋店、米子空港の土産店ほか
商品 のどぐろせんべい: (税込)972円(2枚×18個入)、(税込)1,620円(2枚×30個入)
HP 米子中浦

 

4. 寿製菓 「[すなば珈琲]鳥取発カフェショコラクランチ」

photo by okashinet.co.jp

鳥取県知事の「スタバはないけどスナバはある」の発言で一躍有名になった「すなば珈琲」。「[すなば珈琲]鳥取発カフェショコラクランチ」は、すなば珈琲と地元菓子メーカー・寿製菓のコラボ商品です。クランチチョコに合うよう、コーヒー豆を厳選。チョコレートにコーヒーを練り込み、軽い食感のクランチに仕上げた一品。島根限定の商品となっています。

photo by okashinet.co.jp

取扱店 米子空港の土産店、お菓子の壽城ほか
商品 [すなば珈琲]鳥取発カフェショコラクランチ: (税込)648円(10個入)、 (税込)1,296円(20個入)
HP 寿製菓
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る