もらって嬉しい!今治でおすすめの人気お土産10選

0

愛媛県北東部に位置する「愛媛県今治市」。かつて瀬戸内の海上の要所として、日本最大の海賊「村上水軍」が君臨した今治。江戸時代には、城下町として栄えた歴史溢れる人気の観光地です。近年では、しまなみ海道が開通して以来、サイクリストの聖地にもなっています。そんな今治には、銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、今治市でおすすめの人気お土産を10個ご紹介します。

お土産の定番!今治で人気のお菓子

1. 一笑堂 「鶏卵饅頭」

photo by isshodo.co.jp

「一笑堂」は、寛政2年(1790年)創業の老舗和菓子店。看板商品の「鶏卵饅頭」は、日本一小さい蒸し饅頭と言われる今治を代表する銘菓です。江戸時代に、今治城の大手門前で評判だった饅頭をもとに、初代店主が生地に卵を練り込んで作ったのが始まりなのだそう。国産小豆で炊いたこし餡入りで、直径約2cmほどで食べやすく、今治では、小さなお子様からご年配の方まで親しまれているお饅頭です。

取扱店 一笑堂 、キオスク今治店、今治国際ホテル 売店、イオン今治店、イオンスタイル今治新都市内 銘店
商品 鶏卵饅頭: (税込)988円(8個入)、(税込)1,620円(14個入)
HP 一笑堂

 

2. ボッコ製菓 「芋吉(いもきち)」

photo by oideya.gr.jp

「芋吉(いもきち)」は、まるで本物?!と、見間違えるほどそっくりなさつまいものお饅頭。江戸時代に、大三島にさつまいもを伝えて、島を飢餓から救った下見吉十郎にちなんで作られた大三島上浦町の銘菓です。鳴門金時をたっぷり使用し、お芋のホクホク感が楽しめるお饅頭です。

取扱店 ボッコ製菓、多々羅夢岬、しまなみ宝船ほか
商品 芋吉(いもきち): (税込)650円(6個入)、(税込)1,080円(10個入)

 

3. SAISAICAFE 「季節のタルト」

photo by saisaikiteya.com

「SAISAICAFE(サイサイカフェ)」は、JAおちいまばりの産直市場「さいさいきて屋」に併設されているカフェ。今治で獲れた旬の野菜・果物を使用した「農」がテーマのスイーツを販売しています。おススメは、旬のフルーツがたっぷりのったフルーツが主役の季節のタルト。見た目も華やかで、手土産に喜ばれること間違いなしの絶品スイーツです!

photo by facebook/saikitesaico

取扱店 (SAISAICAFE)愛媛県今治市中寺279-1
電話 (SAISAICAFE)0898-35-3671
営業時間 (SAISAICAFE)9:00~17:00
商品 季節のタルト
HP さいさいきて屋

 

4. くろふね菓舗 「ラムリン」

photo by go-shimanami.jp

「くろふね菓舗」は、昭和37年創業の老舗菓子店。今治銘菓「ラムリン」は、2種類のラム酒のシロップをバターカステラにたっぷり染み込ませたお菓子。創業当時から販売されているロングセラー商品で、独特なしっとり感と口中に広がるラム酒の風味が人気の一品。どこか懐かしいレトロ感溢れるパッケージも魅力のお菓子です。

取扱店 (くろふね菓舗)愛媛県今治市室屋町4-4-6
電話 (くろふね菓舗)0898-22-2236
営業時間 (くろふね菓舗)9:00~18:30 第2・4日曜日定休
商品 ラムリン: (税込)560円(4個袋入)、(税込)1,100円(8個箱入)、(税込)1,450円(10個箱入)
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る