もらって嬉しい!松江でおすすめの人気お土産10選

0

城下町の風情を残す歴史溢れる街「鳥取県松江市」。国宝「松江城」をはじめ、武家屋敷が軒を連ね、歴史散策も楽しめる人気の観光地です。そんな松江には、松江銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、松江市でおすすめの人気お土産を10個ご紹介します。

お土産の定番!松江で人気のお菓子

1. 彩雲堂 「若草」

photo by facebook/saiundo

松江は、京都・金沢とともに日本三大和菓子処に数えられており、市内には、多くの和菓子店が見受けられます。「彩雲堂」は、城下町・松江を代表する老舗和菓子店。代表銘菓「若草」は、奥出雲産のもち米を石臼で水挽きして練り上げた求肥に、若草色のそぼろをまぶした餅菓子。茶人として知られた松江藩七代藩主・松平不昧公が詠んだ御歌にちなんで命名されたお菓子で、松江を代表する銘菓として有名なお菓子です。

photo by saiundo.co.jp

取扱店 本店、シャミネ松江店、一畑百貨店 松江店、イオン松江店、キャスパル店(松江タウンスクエア キャスパル)などの直営店舗、島根県物産観光館、JR松江駅構内売店ほか
商品 若草: (税込)540円(3個入)、(税込)1,080円(6個入)、(税込)1,620円(9個入)
HP 彩雲堂

 

2. 桂月堂(けいげつどう) 「薄小倉(うすおぐら)」

photo by keigetsudo.jp

「桂月堂(けいげつどう)」は、江戸時代から続く老舗の和菓子店。代表銘菓「薄小倉(うすおぐら)」は、蜜漬けにした大納言小豆を、寒天と砂糖で煮固めて、窯で乾燥させたもの。大粒の大納言小豆など上質な素材を使用し、一子相伝の秘伝の蜜に3日間漬け込んだ後、時間と手間をかけて仕上げた老舗の逸品です。地元でも、慶事仏事や贈答など、様々な贈り物のシーンで贈られるお菓子です。

photo by keigetsudo.jp

取扱店 天神町本店、一畑百貨店 松江店、イオン松江店、シャミネ松江店、島根県物産観光館、JR松江駅構内売店ほか
商品 薄小倉(うすおぐら): (税込)799円(6個入)、(税込)1,058円(8個入)、(税込)1,555円(12個入)
HP 桂月堂(けいげつどう) 

 

3. 風流堂 「山川」

photo by furyudo.jp

「風流堂」は、創業して約130年の老舗和菓子店。看板商品の「山川」は、しっとりとした口どけの紅白の落雁です。茶人として名高い松江藩主・松平不昧(ふまい)公が好んだとされる菓子で、若草・菜種の里とともに、松江三大銘菓の1つに数えられています。不昧(ふまい)公が詠んだ御歌に由来するもので、紅は紅葉の山を、白は、川(水)を表現しています。

取扱店 寺町本店、京橋店、矢田店(本社工場)の直営店舗、一畑百貨店 松江店、宍道湖しじみ館、イオン松江店、シャミネ松江店、島根県物産観光館ほか
商品 山川: (税込)886円(1入)、(税込)1,771円(2入 )
HP 風流堂

 

4. 福田屋 「柚餅子(ゆべし)」

photo by matsue-fukudaya.com

「福田屋」は、大正2年(1913年)に、松江の地に創業した老舗店。「柚餅子(ゆべし)」は、江戸時代から松江に伝わる伝統銘菓。「福田屋」では、柚餅子の老舗「盛大堂」から継承した伝統の味を引き継いでいます。柚子は、島根県益田の契約農家から仕入れたものを皮ごと使用。柚子の爽やかな香りと風味が楽しめる餅菓子です。

photo by rakuten.co/matsue-fukudaya

取扱店 福田屋 中原店、一畑百貨店 松江店、宍道湖しじみ館、イオン松江店、JR松江駅構内売店、松江市内ふくしまスーパーチェーン・フーズマーケットホック(一部店舗除く)ほか
商品 柚餅子(ゆべし): (税込)1,080円(10個箱入)、(税込)1,620円(15個箱入)
HP 福田屋
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る