もらって嬉しい!松山でおすすめ人気お土産15選

0

愛媛県のほぼ中央に位置する「愛媛県松山市」。かつて松山城の城下町として栄え、夏目漱石の「坊ちゃん」や司馬遼太郎の「坂の上の雲」などの文学作品の舞台となった文豪ゆかりの街としても知られる人気の観光地です。そんな松山には、銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、松山市でおすすめの人気お土産を15個ご紹介します。

もらって嬉しい!松山の定番土産

1. 一六本舗 「一六タルト」

photo by facebook/ichirokuhonpo

「一六本舗」は、明治16年創業の老舗店。代表銘菓「一六タルト」は、ポルトガルから伝来した南蛮菓子タルトの製法を松山に持ち帰り、松山藩主・松平定行公が命じて作らせたもの。ほんのり柚子の香りが漂う小倉餡を、きめの細かいカステラ生地で巻き込んだロールケーキのようなお菓子です。松山を代表する郷土菓子で、松山土産の定番品です。1切れにカットされたものから、1本タイプまで用途に合わせて購入できます。松山城や道後温泉などがデザインされたBOX入りのものは、お土産にぴったりです!

取扱店 一六本舗 直営店舗、松山三越B1F、JR松山駅 松山銘品館、松山観光港ターミナル土産品店、松山空港売店
商品 一六タルト: (税込)151円(ひと切れ1個)、(税込)540円(ひと切れ/3個入)、(税込)864円(ひと切れ/5個入)
HP 一六本舗

 

2. 母恵夢本舗 「母恵夢(ぽえむ)」

photo by poeme.co.jp

「母恵夢(ぽえむ)」は、北海道産のフレッシュバターをふんだんに使用したビスケット生地に、黄身餡を包み込んだ創作菓子。「母の恵の夢の味」という意味が込められた瀬戸内を代表する銘菓です。母恵夢(ぽえむ)の特徴でもある表面の無数の穴は、芯までじっくりと焼き入れ、ほっくりとした味わいを生むためのもの。お母さんに包まれているような優しい味わいが楽しめると、小さなお子様からご年配の方まで、世代を超えて愛されているお菓子です。ひとまわり小さいベビー母恵夢や季節限定のフレーバーも販売されています。

photo by poeme.co.jp

取扱店 三越松山店、いよてつ高島屋、松山空港売店、松山観光港売店、JR松山駅キヨスク、四国物産館十五万石ほか
商品 母恵夢: (税込)681円(6個袋入)、(税込)1,080円(9個入)
HP 母恵夢本舗 

 

3. うつぼ屋 「坊っちゃんだんご」

photo by utuboya.co.jp

「坊っちゃん団子」は、お餅が入った抹茶餡、卵黄餡、小豆餡の3色のお団子を串で刺した、見た目にも可愛いお団子。夏目漱石の小説「坊っちゃん」で、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と登場する団子にちなんでつくられた松山・道後温泉の名物です。松山・道後温泉のお土産として、不動の人気を誇る商品です。

photo by utuboya.co.jp

取扱店 うつぼ屋 松山本店、いよてつ髙島屋、三越松山店、松山空港売店、JR松山駅キヨスクほか
商品 坊っちゃんだんご: (税込)1,080円(12本入)、(税込)1,512円(15本入)
HP うつぼ屋

 

4. 中野本舗 「薄墨羊羹」

photo by usuzumi.co.jp

「中野本舗」は、江戸時代中期から後期創業の老舗和菓子店。 「薄墨羊羹」は、天武天皇からその名を賜った西法寺の名桜「薄墨桜」にちなんで作られた松山銘菓。羊羹の中に手亡豆を浮かせ、「薄暮に舞う桜の花びら」を表現しています。厳選した小豆を使用し、創業以来の伝統製法で作られた老舗の逸品で、地元でも大切な方への贈答品として、様々なシーンで贈られている商品です。

取扱店 松山本店、いよてつ髙島屋、三越松山店、松山空港売店、JR松山駅キヨスクほか
商品 薄墨羊羹: (税込)756円(小棹)、(税込)1,512円(大棹)
HP 中野本舗
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る