もらって嬉しい!長野県でおすすめの人気お土産20選

0

長野のお土産といえば、何を思い浮かべるでしょうか?長野県には、蕎麦やリンゴなどの名産品から、老舗の銘菓や人気のスイーツ、名産品を使用したお菓子まで、バラエティ豊かなお土産が揃っています。そこで今回は、長野県でおすすめの人気お土産を20個、ご紹介します。

お土産の定番!長野県で人気の和菓子

はじめに、長野県で人気の和菓子をご紹介します。長野県には、お土産の定番として喜ばれる和菓子が盛りだくさんです。

1. いとうや 「大名きんつば」

photo by iida-itouya.co.jp

「いとうや」は、城下町として栄えた長野県飯田市にある和菓子店。看板商品の「大名きんつば」は、刀の鍔(つば)に見立てた丸型のきんつばで、創業以来、県内外で愛され続けている商品です。北海道産の粒揃いの極上小豆を使用し、熟練の職人が小麦粉をまとわせて、1つ1つ手焼きして仕上げています。有名料理研究家・岸朝子さん著「全国五つ星の手みやげ」でも選出されています。

取扱店 いとうや本店(飯田市)、MIDORI長野店ほか
商品 大名きんつば: (税込)1,160円(6個入)、(税込)1,520円(8個入)、(税込)1,880円(10個入)
HP いとうや

 

2. 桜井甘精堂 「ひとくち栗かの子」

photo by kanseido-shop.com

「桜井甘精堂」は、栗の里・信州小布施で創業200年余りの栗菓子専門店です。初代・桜井幾右衛門が江戸の将軍家に献上するために、栗菓子を作ったのが、小布施栗菓子のはじまりだと伝えられています。「ひとくち栗かの子」は、純栗あんに大粒の栗を練り合わせた老舗の自信作。栗と砂糖のみのシンプルな原料で、熟練の職人による昔ながらの手作り。栗の美味しさを最大限に引き出した逸品です。

photo by kanseido-shop.com

取扱店 桜井甘精堂 本店(小布施町)、北斎亭、ながの東急店、MIDORI長野店、軽井沢駅店ほか直営店舗
商品 ひとくち栗かの子: (税込)465円(1個)、(税込)1,448円(3個入)、(税込)2,895円(6個入)
HP 桜井甘精堂

 

3. 太平堂 「まほろばの月」

photo by taiheido.jp

「太平堂」は、長野市・善行寺のお膝元で創業して110年余りの老舗菓子店。「まほろばの月」は、大粒の栗を丸ごと1つ栗餡で包みこみ、焼き上げた栗饅頭です。秘伝の蜜を生地に使用し、ほっこりとした食感の栗の味わいを引き立たせた信州銘菓で、県内でも冠婚葬祭など、様々なシーンで贈られる人気の商品です。

photo by taiheido.jp

取扱店 太平堂 本店、善光寺大門店の直営店舗、ながの東急百貨店、イトーヨーカドー 長野店、科の木 長野駅新幹線口店、長野駅構内 NEWDAYS 長野、松本駅構内 NEWDAYS 松本銘品館ほか
商品 まほろばの月: (税込)982円(3個箱入)、(税込)1,890円(6個箱入)、(税込)2,505円(8個箱入)
HP 太平堂

 

4. みすず飴本舗 飯島商店 「みすず飴」

photo by misuzuame.net

「みすず飴」は、国産の完熟果実の果汁に、寒天、グラニュー糖、水飴を加えて固めた和風ゼリー。長野県民なら知らない人はいないほど有名なお菓子です。明治末期に長野県上田市で誕生して以来、今も変わらず、職人による手作りで、1つ1つ作られています。ゼリーの表面をわずか0.02mmのオブラートが覆うことによって、保存性を高め、美味しさを閉じこめています。昭和レトロなパッケージも可愛い、信州土産の定番品です。

photo by misuzuame.net

取扱店 みすず飴本舗 飯島商店 上田本店、MIDORI長野店、ながの東急百貨店 B1F、井上百貨店、上田市観光会館売店、県内スーパーマーケット、お土産店ほか
商品 みすゞ飴セロファン包装型: (税込)486円(角袋入)、(税込)540円(240g角箱入)
HP みすず飴本舗 飯島商店
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る