もらって嬉しい!春日部でおすすめの人気お土産5選

0

江戸時代に、日光街道の宿場町「粕壁宿(かすかべじゅく)」として栄えた「埼玉県春日部市」。「クレヨンしんちゃん」の作者が住んでいた街として知られ、アニメの舞台となっているスポットが市内に点在しています。そんな春日部には、人気のスイーツや春日部ゆかりの銘菓など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、春日部でおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

1. 菓子工房オークウッド 「ケーキ各種」

photo by facebook/studio.oakwood

「菓子工房オークウッド」は、TBSの「マツコの知らない世界」でも紹介された、春日部で大人気のケーキ屋さん。春日部駅から徒歩15分ほどの場所にあります。オーナーシェフの横田秀夫氏は、世界の名だたる大会で数々の賞を受賞してきた実力の持ち主。横田シェフが生み出す独創的で美しいスイーツは、まさに芸術作品のよう!ケーキ好きな方にはぜひ訪れてほしいお店です。

photo by facebook/studio.oakwood

取扱店 (菓子工房オークウッド)埼玉県春日部市八丁目966-51
電話 (菓子工房オークウッド)048-760-0357
営業時間 (菓子工房オークウッド)10:00~19:00 水曜日定休・火曜日不定休
商品 ケーキ各種
HP 菓子工房オークウッド

 

2. 御菓子司 青柳 「麦わら帽子」

photo by city.kasukabe.lg.jp

「御菓子司 青柳」は、春日部の地で、明治33年(1900年)に創業した老舗和菓子店。春日部駅東口から、徒歩3分程のブロンズ通り沿いにあります。「麦わら帽子」は、麦わら帽子の産地である春日部にちなんで作られたお菓子。埼玉県産の小麦粉を使用した麦こがしの生地で、抹茶餡を包み、焼き上げています。埼玉県産の狭山抹茶を使用した抹茶餡は、風味豊かで、独特の芳ばしさのある麦こがしの生地と良く合います。春日部ならではのお土産をお探しの方におススメです!

取扱店 (青柳 本店)埼玉県春日部市粕壁東1-2-5 (ぷらっとかすかべ)埼玉県春日部市粕壁一丁目3-4
電話 (青柳 本店)048-752-2147 (ぷらっとかすかべ)048-752-9090
営業時間 (青柳 本店)9:30~19:00 (ぷらっとかすかべ)9:00~16:30 月曜日定休(祝日の場合は、その翌日)
商品 麦わら帽子: (税込)156円(1個)
HP 御菓子司 青柳

 

3. 細井 「どらやき」

photo by city.kasukabe.lg.jp

「細井」は、一見すると民家と見間違えてしまう、看板のない和菓子屋さんです。営業しているかどうかは、店先に掲げられている赤いのぼりで判断します。店内に入ると、凛とした空気が流れており、ショーケースには、数種類の和菓子が並べられています。「どらやき」は、埼玉県産の小麦粉を使用して焼き上げた生地で、上品な甘みの粒あんをはさんだ人気商品。職人技を感じさせる正統派のどら焼きで、「かすかべフードセレクション」にも選出されています。

取扱店 (細井)埼玉県春日部市上金崎18
電話 (細井)048-746-2703
営業時間 (細井)10:00~18:00 不定休
商品 どらやき: (税込)150円(1個)

 

4. 菓匠 ちぐさ 「羽子板最中」

photo by city.kasukabe.lg.jp

「菓匠 ちぐさ」は、市内に3店舗をかまえる和菓子店。看板商品の「羽子板最中」は、春日部特産の「押絵羽子板」をかたどった最中です。押絵羽子板を型押しした最中皮の中には、北海道産小豆を使用した自家製のつぶ餡と栗が丸ごと1個入っています。春日部のお土産に、贈答品にと、様々なシーンで贈られる人気の商品です。

取扱店 (東口店)埼玉県春日部市八丁目1007-1 (中央店)埼玉県春日部市中央1-3-1 (一ノ割 本店)埼玉県春日部市一ノ割1-6-17
電話 (東口店)048-755-7760 (中央店)048-761-5683 (一ノ割 本店)048-735-6741
営業時間 (東口店)9:00~19:30 (中央店)9:00~20:00 (一ノ割 本店)9:00~20:00
商品 羽子板最中: (税込)216円(1個)
HP 菓匠 ちぐさ
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る