癒しの温泉宿!川湯温泉でおすすめの人気旅館5選

0

北海道弟子屈町に湧く「川湯温泉」。高温の湯が流れる湯の川を中心に旅館やホテルが点在。全国でも珍しい「源泉100%かけ流し」を宣言しており、湯けむりと硫黄の香りに包まれた旅情たっぷりの温泉地です。世界有数の透明度を誇る摩周湖や日本最大のカルデラ湖・屈斜路湖などにも近く、温泉に加えて、火山と森と湖が創り出す雄大な自然も満喫できる人気の温泉地です。今回は、川湯温泉でおすすめの人気旅館を5つ、ご紹介します。

1. 川湯第一ホテル 忍冬

photo by kawayu.co.jp

photo by kawayu.co.jp

photo by kawayu.co.jp

photo by kawayu.co.jp

昭和8年創業の老舗旅館「川湯第一ホテル 忍冬」。居心地の良さを追求した和モダンなお宿です。客室は、10畳から12畳の和室、ベッドルームを備えた和洋室、メゾネットタイプの貴賓室などを用意。料理は、オホーツクの海の幸や地元の山の幸、北海道の厳選素材を使った会席料理がいただけます。温泉は、北海道産のトドマツを壁に使用した大浴場、大きな岩を配した露天風呂で、自家源泉100%かけ流しの湯を楽しむことができます。

名称 川湯第一ホテル 忍冬(かわゆだいいちほてる すいかずら)
住所 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-2-3
電話 015-483-2411
HP 川湯第一ホテル 忍冬
地図 Googleマップ

 

川湯第一ホテル 忍冬 宿泊プラン

『川湯第一ホテル 忍冬』⇒ じゃらん 『川湯第一ホテル 忍冬』⇒ るるぶ 『川湯第一ホテル 忍冬』⇒ 一休

 

 

2. お宿 欣喜湯

photo by kinkiyu.com

photo by kinkiyu.com

photo by kinkiyu.com

photo by kinkiyu.com

飲泉もできる温泉自慢の宿「お宿 欣喜湯」。温泉は、フレッシュなすっぱさが特徴の強酸性泉。2階建て吹抜けの大浴場には、温度別で5つのお風呂があり、好みの湯加減で湯あみを楽しむことができます。客室は、8畳から10畳の和室、ダブルベッドが付いた和室、ツインベッドを備えた和洋室などを用意。料理は、北海道の山の幸、海の幸を使用した和食会席。60品以上が並ぶ朝食バイキングも好評です。

名称 お宿 欣喜湯(おやど きんきゆ)
住所 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-5-10
電話 015-483-2211
HP お宿 欣喜湯
地図 Googleマップ

 

お宿 欣喜湯 宿泊プラン

『お宿 欣喜湯』⇒ じゃらん 『お宿 欣喜湯』⇒ るるぶ

 

 

3. 川湯温泉 KKRかわゆ

photo by kkr.or.jp

photo by kkr.or.jp

photo by kkr.or.jp

photo by kkr.or.jp

国家公務員共済組合連合会が運営する温泉宿「川湯温泉 KKRかわゆ」。一般の方も利用できる公共のお宿です。客室は、和室、洋室ツイン、和洋室、特別室など、目的に応じた多彩なタイプを用意。料理は、北海道の季節の厳選素材を盛り込んだ会席料理が味わえます。温泉は、開放的な露天風呂とゆったりとした大浴場で、源泉100%かけ流しの上質な湯を楽しむことができます。

名称 川湯温泉 KKRかわゆ
住所 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-2-15
電話 015-483-2643
HP KKRかわゆ
地図 Googleマップ

 

川湯温泉 KKRかわゆ 宿泊プラン

『川湯温泉 KKRかわゆ』⇒ じゃらん 『川湯温泉 KKRかわゆ』⇒ るるぶ

 

 

4. 名湯の森ホテル きたふくろう

photo by kitafukuro.com

photo by kitafukuro.com

photo by kitafukuro.com

photo by kitafukuro.com

原生林に隣接して佇む「名湯の森ホテル きたふくろう」。ロビーラウンジから原生林を望め、館内は、静かで落ち着きのある雰囲気に包まれています。客室は、和室、洋室、和洋室、2間続きの特別室を用意。料理は、北海道ならではの鮮魚や新鮮な野菜などをふんだんに使った季節の和膳。温泉は、木造りと岩造りの2つの露天風呂と、広々とした大浴場で、源泉100%かけ流しの天然温泉を楽しむことができます。

名称 名湯の森ホテル きたふくろう
住所 北海道川上郡弟子屈町弟子屈町川湯温泉1-9-15
電話 015-483-2960
HP 名湯の森ホテル きたふくろう
地図 Googleマップ

 

名湯の森ホテル きたふくろう 宿泊プラン

『きたふくろう』⇒ じゃらん 『きたふくろう』⇒ るるぶ 『きたふくろう』⇒ ゆこゆこ

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る