函館駅の駅弁ならコレ!函館駅でおすすめの人気駅弁5選

0

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!函館駅には、函館の美味しいものや北海道の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、函館駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 函館みかど 「鰊みがき弁当」

photo by ekiben.or.jp

「函館みかど」は、昭和11年(1936年)に創業し、函館を拠点にする老舗のお弁当屋さん。「鰊みがき弁当」は、甘じょっぱく煮付けたみがきニシンと肉厚な数の子をご飯の上に盛りつけた名物駅弁。身欠きにしんを1度天日干しにし、骨まで余すことなく食べられるように炊いています。昭和41年から変わらぬ製法で作られている伝統の味わいは、多くの駅弁ファンから、親しまれています。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 鰊みがき弁当: (税込)980円
お品書き 白飯、鰊(みがき)、味付数の子、茎わかめ醤油漬、たくわん、など
HP 函館みかど

 

2. 函館みかど 「べこ辨」

photo by ekiben.or.jp

インパクト抜群のネーミングが印象的な「べこ辨」。蓋を開けると、錦糸卵で仕切られ、北海道和牛のしぐれ煮とそぼろ煮が、ご飯の上に、ぎっしり敷かれています。玉ねぎ、ごぼう、しらたきを加え、醤油ベースで甘辛く煮つけたしぐれ煮は、牛肉の甘み・旨味がたっぷり!柔らかく、クセのない赤身は、生姜を効かせて牛そぼろに仕立て、さっぱりといただけるように味付けています。北海道産の和牛を2種類の味わいで食べ尽くせる人気の駅弁です。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 べこ辨: (税込)1,200円
お品書き 白飯、和牛そぼろ、しぐれ煮、錦糸卵、会席漬けなど
HP 函館みかど

 

3. 函館みかど 「北の家族弁当」

photo by ekiben.or.jp

「北の家族弁当」は、1973年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説「北の家族」にちなんで作られた駅弁です。北海道産米の美味しいご飯のかたわらには、焼鮭、ホタテ煮、味付け数の子など、北海道の海の幸を中心とした多彩なおかずが詰められています。北海道の雄大な車窓を眺めながら、旅のお供にいかがでしょうか?

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 北の家族弁当: (税込)1,100円
お品書き 白米、鰊甘露煮、味付数の子、紅鮭焼き、ほたて煮、イカしゅうまい、厚焼き玉子、昆布巻、いかしゅうまい、花人参煮など
HP 函館みかど

 

4. 函館みかど 「豚わっぱ飯」

photo by ekiben.or.jp

「森町産のSPF豚」は、北海道のブランド豚で、きめの細かい柔らかな肉質が特徴で、冷めても美味しくいただけると評判です。「豚わっぱ飯」は、この「森町産のSPF豚」を使用したわっぱ飯。厚めにカットした豚肉を焼き、特製の甘辛タレで煮付けたもをご飯にのせた食べごたえのある一品です。別添えの山椒をかけると、ピリリとした味わいに。がっつり食べたい方に、おススメのお弁当です。

取扱店 函館みかど JR函館駅店(JR函館構内 改札外)
電話 0138-22-2690
営業時間 6:00~20:00
商品 豚わっぱ飯: (税込)1,000円
お品書き 白飯、焼き豚肉、ごぼう天揚げ、花人参煮、柴漬け、山椒など
HP 函館みかど
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る