もらって嬉しい!名古屋駅でおすすめの人気お土産25選

0

15. 芳光 「わらび餅」

20160902-805-13-nagoyaeki-omiyagephoto by 食べログ/春よ恋

名古屋でわらび餅といったら、「芳光(よしみつ)」というほどの有名なお店。口どけの良さにこだわるわらび餅で、中には自慢のこし餡がぎっしり。人気のわらび餅は、夏の製造は行わないため、10月から6月までの限定販売となっています。JR名古屋高島屋では、毎週月曜日と木曜日の週2日間のみ、数量限定で販売されています。

取扱店 JR名古屋高島屋B1F 銘菓百選内
電話 052-566-1101 (大代表)
営業時間 10:00~20:00
商品 わらび餅:(税込)1,181円(4個入)、(税込)1,771円(6個入)

 

16. きよめ餅総本家 「きよめ餅」

20160902-805-7-nagoyaeki-omiyagephoto by kiyome.net

「熱田神宮」は、愛知県内で最も格式高い神社の1つで、古くより多くの人々の崇敬を受けてきました。「きよめ餅」は、江戸中期、熱田神宮西門近くに設けられた「きよめ茶屋」の名にちなんで後世売り出された餅菓子で、以来、参詣土産として長く親しまれてきました。じっくり、丁寧に炊いたこし餡をやわらかな羽二重餅で包み込んだ「きよめ餅」は、現在では、名古屋の定番土産として全国区の知名度を誇る人気の銘菓となっています。

取扱店 JR名古屋駅構内グランドキヨスク、ギフトキヨスク、JR名古屋高島屋B1F 銘菓百選内、新幹線地下街エスカ 名古屋みやげ処店内
商品 きよめ餅:(税込)600円(5個入)、(税込)1,200円(10個入) ※店舗により取扱い商品が異なります。
HP きよめ餅総本家 

 

17. 餅文総本店 「花しぼり」

photo by mochibun.co.jp

「餅文総本店」は、万治2年(1659年)創業のういろの老舗。厳選された原料を使用し、熟練の職人の手によって、手作りならではのもっちりとした食感と歯切れの良い伝統のういろを作り続けています。「花しぼり」は、1口サイズのういろの中に、こし餡・ゆず餡・抹茶餡の3種の餡を閉じこめた涼し気なお菓子。3色の可愛い花柄の包み紙に1つずつ包まれています。赤い花をモチーフにした花のパッケージも可愛らしくて、お土産に人気の商品です。

取扱店 JR名古屋駅構内グランドキヨスクほか
商品 花しぼり:(税込)540円(5個入)、(税込)1,080円(10個入)
HP 餅文総本店 

 

お土産におすすめ!名古屋の名物・名産品

名古屋駅には、お菓子以外のお土産も充実しています。次に、お土産におすすめの名古屋の名物・名産品をご紹介します。

18. カクキュー八丁味噌 「八丁味噌」

photo by kakukyu.jp

「カクキュー八丁味噌」は、正保2年(1645年)創業の老舗の味噌屋さんです。こだわりの「八丁味噌」は、天然醸造で二夏二冬以上、じっくり熟成させて作られています。300年以上も変わらぬ伝統製法で作る八丁味噌は、古くから、愛知の食卓で親しまれてきました。有機大豆を使用したものや5年熟成させたものまで、種類豊富な品揃え。特に、「復刻版 八丁味噌」は、地元・三河産大豆を使用し、「本番の本物」にも認定された逸品。昭和20年代にデザインされたパッケージが採用されていて、お土産にも喜ばれそう!

photo by kakukyu.jp

取扱店 カクキュー八丁味噌 JR名古屋高島屋店(B1F)
電話 052-566-1101 (大代表)
営業時間 10:00~20:00
商品 八丁味噌
HP カクキュー八丁味噌 

 

19. 石昆 「うみぁーっ手羽」

20160902-805-44-nagoyaeki-omiyagephoto by rakuten.co.jp/ishikon

「うみぁーっ手羽」は、国産手羽を昆布だしで丁寧に炊き、味付けしたもの。しょう油、八丁味噌、ピリ辛の3種類の味が楽しめます。身は柔らかく、ふっくらと仕上がっているため、中骨がするっと取れて、食べやすいのも嬉しいですね。レンジで温めてそのまま食べても、焼き鳥や親子丼にアレンジして食べても美味しくいただけますよ。

取扱店 JR名古屋駅構内グランドキヨスク、ギフトキヨスク、キヨスク(新幹線ホーム)、新幹線地下街エスカ ギフトキヨスク、エスカ名古屋みやげ処ほか
商品 うみぁーっ手羽:(税込)972円(6本箱入)
HP 石昆 
1 2 3 4 5 6
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る